M∽eblog

車を売る話

こんばんは、メルです。
いつもと全く話題が違うんですが、初めてのことでえらい勉強になったので参考になればと思い記します。

東京に越して暫く、ほとんど使わなくなったので2年ほどしか乗ってない車を売ることに。
ローンも残っているのでそれにも満たないと嫌だなぁとか思いつつ、なるべく高く売れるようにネットでよくある
色んな買取業者へ見積もりが依頼できる一括査定へ。
連絡先を入力した直後から超鳴る電話。出張査定(車の実物を見て値段を出す)のスケジュールを組む。

そして大手から聴いたこともないところまで色々と組んでいく。合計9社来てもらった。
一応この手の裏がないか、ましてここはTokyo、巧いこと話術に乗せられて損するようにならないか、
ネットでそれなりに口コミやトラブル例を見ておく。

だいたいトラブルとしてはこんなんが多いそうです。
・営業マンさんが即決を迫って半ば無理やり契約させられる
・出された値段で契約して、車を引き取ってもらった後ダメージがあったからといって減額(契約書にちっちゃくその旨書いてあるとか)

ということで査定を超詰め込んだ日、さっそく大手の方から見える。大体1時間間隔で来てもらうことに。
後から知ったが、一緒に来てもらって値段をせーので出すという形式もある様子。ただ業者によっては「トラブルを避けるために他の業者とバッティングしないようにお願いします」と電話で言われ素直に従った。

1件目。
予定時刻になっても来ない、心配で会社に電話をする。向かっているとのこと。
そして20分ほど遅れて営業マンさん到着。何事もなかったかのように20分ほどで車を色々見て写真をとって本社に送る。
残り20分、値段が本社から帰ってきた様子だが値段は言ってくれず。立ち話(お客さんと信頼関係を築く時間?)をしているうちにあと5分。本題に中々入れず、しかもこっちは時間守っていないのに何もない時点で印象最悪なので、値段の話になったところで自分のほうがもう「もう次の方来るんで」と切る。数字の話は1言も出ず。何しに来たんだこの営業さんはという状態である。

2件目。
こちらも大手だが、えらいネットの評判もいい悪い両方たくさんあるところ。
同じような手順を踏んで値段が帰ってきたらしいが、ここも言ってくれない。
あれ、一括査定って値段言って貰って比べるんじゃなかったっけ。
そして、こちらはえらく即決を迫る。「今日このあとの会社も全部断ってくれるというくらい気持ち見せてくれたら、上に交渉してみます。」「今日だから出来るこの値段ですけど、時間が経てば車の価値も下がるから…」の旨のことをえらい言う。いや気持ちとかじゃなくて値段しりたい。こちらは値段も分からないが、即決を迫る姿勢にいらっときたので「そういうふうにするんならいいです」と冷たく切る。

3社目。
2件目と同じ様な感じ。しかしこのへんで会話から大体どんな値段が帰ってきているか予想が付くようになる。
業界で標準という相場表なる分厚い本を見せてくれる。業者オークションの落札価格のデータ集ぽい。相場低いな、という印象。どこの業者もこんなかんじですよとのことだが、真偽はともかく、今日予定詰めた業者だけでも見るからと保留。また、別の業者さんは「あの本は値段低く見せるためのツールですよ」といっていた。確かに少ない業者でのみ比べていたら納得していた気がする。恐ろしい。

4社目。
最大手の一つ。値段はやっぱ聴けないものの、今までの会話から察した予想を元に「この値段は無理なんですか」と聞くと、「んー、今日決めてくれるならそれで上に交渉してみます」という姿勢。値段も定かで無い上にやっぱ即決かい。どうやら決済権が無い営業マンさんはこういうパターンになるらしい。もう心のなかで切る。適当に立ち話をして終了。

5社目。
4社目と若干被ったが、査定委員さん同士が一括査定でよく一緒になる顔見知りのようだ。
こちらはえらい真摯に対応してくれて、名刺の裏に値段を書いてくれた。候補に上がる。
そうですよ業者さん。値段書くと候補に上がるんですよ。よく考えたらこっちが値段聞いてるんだから当たり前だこれ。

6社目~7社目
どこがどこだかわからなくなってくるし、愛想よく話すと同時に探りあいになる会話に疲れてくる。
1つはしっかり値段だしてくれて、もう1社はメールで数字をちゃんと後日送ってくれる。
どっちとも大手でもない地元密着の会社でネットの評判は殆ど無く、ちょっと警戒も。
もう、会話録音アプリいれて、色々質問する会話を録音したりもした(そこまで警戒しなくても良かったかもしれない)。

9社目。
大体2件目と似たような感じなのでやりすごす。

ということで、候補が大体数社に絞られる。
ネットの口コミだとかが大いに助けになりつつ、得た経験値がこんな感じ。
・即決を迫られたくない人は最初に「今日は決めないんで、値段だけ教えて下さい」という。それでも迫ってきたらきっぱり断る。営業マンさんは基本的に今日の契約が欲しい。きっぱり断る自信がない人は強く出るのが得意な友だちでも隣にいてくれると吉では。即決=悪いことではないが、自分の場合は即決を迫ってきた業者の後に、かなり高い値段を出してくれる業者が来た。
・(5月までなら)必ず車税はどうなるか、リサイクル料はどうなるかを確認する。例えば車税3.5万を負担してくれる70万と、負担しない72万は前者のが結果お得に。払った後ならどうなるのかわかりませんが、どっちみち納付書は必要になるので捨てちゃいけないんだと知る。
・業者の後出しジャンケン(先に他社に値段言わせてそのちょい上の値段を提示する)が激しすぎる。値段言わない所は、胡散臭いわけではないが面倒なのでそれだけで切って良いと思う。こちらの時間の無駄という損失を被る。
・オートオークション(業者向けオークション)を介するとこより自社で販売しちゃうところのほうが高い値段出してくれる。
 買取額で25万くらい最低額と最高額に開きがあった。委託で売れたら~も含めれば開きは40万くらい。まじかよ。
・契約の前段階では営業の査定士さんに「(査定士さんがちゃんと車の値段言ったんだから)契約後の減額は無いんですか、あるんですか」と念押しする。
 →査定士さんが見れるのは内外装の状態までで、エンジン内部の状態などは出張査定だけでは難しいため、会社に車両を引き取ってからチェックしたときに内部の異常が見つかれば減額なども合法的にOKのようです(契約書に書いてるとか)。でもそれでいちゃもんを付ける前提でわざと高額な値段を言ってくるたちの悪い業者もあるようです。なのでそこを聞くと営業マンさんさすがに嘘はつけないので教えてくれます。今回は中には「契約書に私が”契約後の減額はしません”と書きますよ」といってくれた人もいました。(もし本当にエンジンに異常があったら会社が負担する覚悟なんでしょうか)」
・委託販売のほうが圧倒的に高値。ただし売れなかった場合はその期間を経た時点での相場で買い取り(値段が下がる)/返却など=結果最初から買い取りの方が高かったことになるで、ちょっと自分にはギャンブル性があるように思った。お金が手元に来るのも販売期間~売れた時、とかなので時間が要る。でも車種によってはこっちの売り方が高いから人気みたいです。
・「どの会社が良い」というのは言いにくい。営業マンさん次第なので、いい口コミも悪い口コミも同じ会社につく。それに時期・タイミング、車種によって高値で買う車と、その分の赤を回収するために情弱さんに安い値段で迫って買うのも両方ある様子。営業マンさんは客を超見ている(らしい)、だから会社単位で画一的な答えには至れない。どの会社が正解かは車種やタイミングにめっさ依存する。

と値段比べて決めてーと気楽に考えてたら図らずも営業マンと情報戦になり、その日は超疲れた代わりに色々勉強になりました。
あくまでたったの1例ではありますが、売ろうとしている人が読まれて参考に慣れば幸いです。
みなさんも車を売るときは情報を集めて、営業さんのトークに持って行かれない心の準備して頑張ってください。

さよならぼくのFiat…
CAM00090.jpg


メルでした。
別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

引っ越してちょっと

こんばんは、メルです。

というわけで激動の期間が過ぎ、わたくし東京に無事越してきました。
大学時代に板橋付近で生活していたことを思い出しつつ、やはり不要だと思うものが暮らし始めてからいっぱいあると感じる日々です。

そして昨日今日と(体温計をどこにしまったか忘れたけど)、体がだるくて、目も痛く、鼻もでて、喉が超痛い。
つらくて一日の半分近くを寝ているというダメな状態。幸い今は治りかけです。

動画を上げました。


あとYouTube
https://youtu.be/OaWjD35wELc

このアニメ、なんか、珍しい、アメリカの学園モノアニメとかいう記事で知って見てみたらバトルシーンが面白くて、英語の勉強になるというメリットも備えたとてもいいやつです。
YouTube版ではちゃんと日本語字幕が出るのでみやすい。


(ちょっと横幅の調整わかんないのでYouTubeいでみよう)
トップクリエイターのMonty Oum氏が去年33歳で亡くなられていたというのも衝撃です。
亡くなられてから自分みたいにハマる人がいるので、ネットにものを公開するって凄いことだなーと思います。

久しぶりに動画作ったら、書き出しに数時間、エンコードに数時間と、やっぱ時間かかるなーと思いましたが、こういう短い演奏は気軽にあげたいなーと思います。いつもの希望ですが叶うかは謎。
ウェブカメラで撮影すると画質落ちる代わりに音質(後から編集できないってだけで)問題ないし、超早いんですけどね。

あと、ebayで8弦ギターを見ていて、ふと出品者に質問したら超いい人で安めにしてくれて、もしかしたらギター2本ほど生贄に捧げてニューギアしてしまうかもしれない、という流れになって来ました。そっちの方はまた書きたいと思います。

メルでした。

別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

頑張って決めた

こんばんは、メルです。一人っ子です。

あけましておめでとうございます。
2015年の途中からずっと離れっぱなしでしたが、ここに来ての近況と振り返りを記します。
本当に自分用みたいな文章です。

詳しくは書いていないのですが、わたくし生まれと育ちは長野、大学は東京、今は九州で英語の先生をやっています。
何故九州に来てしまったかというと、音楽の仲間とか色々な関係で勢いで大学卒業後、仕事も決まらないまま飛び出してきたわけですが、ここに来て30が近くなると、この先どこで暮らし、どこで骨を埋めるか、といった部分を考えるようになるのです。

さて、自分が初めてインターネット上での音楽活動(という名目のただのコピー演奏の動画投稿)を始めたのは大学4年生の時です。
当時借りていたアパートのネットが遅いかPCのスペックが何か原因は忘れましたがうまくアップロードできず、USBメモリにファイルを入れて大学の図書館にあるPCからアプロードして、授業が終わってどんなコメントが付いているかドキドキしながら帰宅したような思い出があります。

そしてインターネット上での色々な出会いもあり、音楽を一緒に作らないかとお誘いをいただくことも増える、ありがたい状況になりました。九州へ移ったのもその1つでした。しかしその活動も自分が原因で上手くいかなかった。
そんなで自分に残ったのは、仕事。
履歴書にすぐやめたとあれば自分の経歴が安く付くと思い、石の上にも3年の信念で仕事を頑張る。前後して正社員となった自分に待っていたのは非常に辛い毎日。毎日怒られ、泣きたい日々でした。ただ何も考える余裕が無いまま年月は過ぎました。

その2年後、異動が命じられます。新しい地は、より穏やかな地域で、気づいたら毎日怒られながらがむしゃらに頑張っていた自分はそこで鍛えられていた自分の技術が役に立つという実感を抱きました。
そこではそこそこきついながらも活躍できる楽しさや、役に立てる喜びが感じられました。(おまけにストレスが減って太った)
そして今に繋がるのですが、そんな仕事が楽しくなってきた時であるのに、考える余裕が出来たからなのか、このまま音楽仲間もいない、友達も離れ離れの地で一生を過ごすイメージをした時に寂しいものを感じます。

我ながら情けない、かつてアメリカで本気で恋をした時は一生アメリカにいたいと思い、九州に来るときは何も長い目で将来を考えずに動いていました。友人にも故郷から遠い地で腰を落ち着けている人もいる。
しかし、今の自分は、一人っ子として親が年老いた時にそばにいたいという気持ちが、気の知れない音楽仲間と余暇を楽しめる生活を望む気持ちが強くなっていました。
今の生活だと休みが少なく、親の死に目にも会えずに、恩返しも出来ずに終わるのではとイメージしてしまうのです。

そこで自分は昨年の12月、意を決して退職の意を伝えます。
色々とありがたい事に、会社は自分を必要とはしてくれます。しかし自分の意向も聞いてくれました。
真面目だけがとりえなので、自分には人を引きつけるカリスマのようなものは無いけれど、頑張って教わったことを吸収し、社員格付けの上位にも2年連続で上がりました。基本的にイエスマンに近いので組織人としては使いやすい存在だったと思います。

そして今。
九州で恩を頂いた様々な方にそれを伝えていっています。

自分は帰属意識が強い様で、会社も大好きと来て、伝えるときに物凄くどきどきしながら言います。

また大きな存在として、祖父母が九州に暮らしています。
九州に引っ越してからというもの、年末年始はその祖父母の家で年を越します。内孫が一人だけだったりというのもあり、祖父母の凄く大きな愛情を感じてきました。勿論両親からもとても深い愛を受けて育った確信があります。だから自分が父親になったらきっと愛情深い親になるなじゃないかと思います。それはさておき、祖父母は自分が九州に来るとなった時に凄く喜んでくれました。結果的に仕事が忙しく年に2回ほどしか会えない状態でしたが、曰く近くにいるだけで安心するようです。毎回良くしてくれる祖父母は両親と同様に大好きなのです。家族愛がめっちゃ強いのです。
そんな祖父母に今年の年越しを一緒に過ごした後、東京へ行く事を告げました。告げる前は物凄く勇気が入りました。何故ならそれを伝えたら祖父母は絶対に悲しむと分かるから。高齢で唯一の孫が近くにいて、いつも元気に会ってくれる祖父母にそれを伝えるのは罪深いと思いながら、でも自分には上に書いたような将来像を持っているから伝えないといけない。

伝えた時、祖父母は笑顔で承認の言葉をくれました。ただ、寂しくなるね、とこぼしました。
帰るとき、バス停まで見送りに来てくれた祖母が、餞別だと、そっとお金を手渡しました。年金暮らしの方からしたらとてお大きな額です。祖母は実直に蓄え、古き好き日本人女性の見本の如く家の男を支えている、尊敬できる人です。そんな祖母から受け取ったお金を握った時、このような綺麗なお金をどう使えようかと内心思いつつ涙が止まりませんでした。また来るよ。といっても向こうはきっと今生の別れのように感じているに違いない。こんな大好きなかけがえのない身内を寂しい気持ちにさせるなんて、自分がこのタイミングで取った行動は正解なのかもわからなくなる。何やら良くわからない感情でぐちゃぐちゃです。
駅から電車に乗った後も涙が止まらない。いい年してなんだこれは。ネックウォーマーで隠せなかったら不審者だった。
結局言い出す決心をするまでぐずぐずしていたので帰りが遅くなり、乗り換えた後の終電を逃したのでタクシーで5000円程掛けて帰宅し、ちょっと心を落ち着けているのが今。

思えば自分の20代は、年始めに目標は立てても(大体アルバム作るぞとかいうもの)、それきり仕事にエネルギーを取られうまくいかないまま時間がすぎる状態でした。ギターを買う金はあっても弾く時間が減り、自分のかつて目指していたギター弾き像からどんどん離れていく。大体はココらへんの年齢までで結婚して週末ギター弾きになるんでしょう。ただ自分の場合は死に場所に迷っていたのもあって、最後の彼女と別れた後は恋人も作らず(いやモテないので作れず)にいた。
東京に戻ったら、学生の時のような気楽さはないけど、もっともっと人生を楽しんで、健康に暮らせるような仕事探しに向かって頑張って動いて、心配してくれる人たちを安心させたい。勿論変な仕事に付いてしまったら親孝行も儘ならないだろうから慎重に頑張る。などと、まだまだ子供のような大人が思った、とそういう話でした。

祖母の寂しい顔を見た時、そもそも九州へ来ることを決断した7年前の自分を一瞬呪った。でも九州で色んな経験をさせてもらったことへ、そんな後ろ向きの気持ちを持っては申し訳ない。
これまで色々な場所に住んできたが、嬉しい事にどこに行っても、いろいろな人に与えられてきた。
故郷が増えて困ってしまう。人との貴重な繋がりが増えるほどもどかしい。会いに行きたくなるから大変だ。
九州は海も山もあるから色んな飯がうまくて最高だ。

こう書くとだいぶ思考が軟弱なのではと自分が心配になります。
とりあえずまた暫く仕事が大変なので頑張ります。そして本当の勝負はこれからです。
皆様お体にお気をつけ下さい。

メルでした。
別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ホームページ更新

こんにちは、メルです。

激務の期間は通り過ぎましたが2学期から休みが減ることになりました。半休というのがありますが、一日やっぱり仕事忘れられる日が必要だと思います。

でここ連休いただいていたのでホームページの機材ページを少し増やしました。
ギター6本とデモ音源は2本分、こちらはあじゃいるの6弦とえるごさん。
良かったらホームページの機材から聞いてみてください。
文字の色とかは結構いいい加減なままです。

個人工房のギターは今まで名前秘密にしていましたが普通に記載しています。

まだあと載せていないギターが何本もあるけどもう力尽きた。
カメラからの大きいき画像を1枚1枚リサイズして載せるのは結構エネルギーがかかります。それよかギター弾きたいですし、また思い立った時に更新したいと思います。
因みに今回は写真はコントラストとシャープネスを少しいじった程度で色調は変えていません。ちょっと黒が基調のホームページに明るめの写真になっちゃってるところもありますね。

ぐっとくる曲が書きたいなぁ。

メルでした。

別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

帰ってきました。

こんばんは、メルです。

約一ヶ月余裕のない日々があり、色々仕事で熊本城とか行ってました。
すごかったよ。

・プリンターを買おうかと思っている。
何がいいのかさっぱりわからない。
調べる気もあまりない。

・エアコンが本体買ったままオブジェ化している。
はやく銀行振込で工賃振り込みたいが日曜日大きい本局とかまで出向く気力がない。

・ギターが4本減った。エレキバイオリンはどこも買い取ってくれない。
ついでに何本か増えた。

・足の裏になぞの血豆ができた。

・アルバムをちょいちょい撮りためて作っていきたい。
1曲め録音中、全然進まん。

以上です。
コメント返し追々したいと思います。
いつもありがとうございます。

次からは怒涛の親友結婚式の記事になる予定。

メルでした。
別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| M∽eblog | NEXT