M∽eblog

ポップとは

こんばんは、メルのーぐみ!です。

朝、マイケルジャクソン氏病院へ、というニュースが、
そしてさっきは報道すてーしょんのオープニング音楽が違うぞと思ったら
マイケルジャクソン氏の死去、15分くらいずっとやってましたね。

畑は違えど、音楽のムーブメントを作った人の偉大さは変わりませんし、
ほとんど知らなかった僕でも耳にしたことがある位です。
相当な影響力ですよね。

キングオブポップ、音楽が聞くものから見るものへ、とかやってました。
大衆音楽と少数音楽は普段から微妙な確執があるものだと思います。
技巧重視の音楽、難解な音楽は概して後者になり、それらのファンの多くは大衆音楽を毛嫌いする傾向にある、と僕はあんま長くない人生ですが音楽仲間を見たりしてきて思いました。

何故ポップスは上手くもない歌手が無理に踊っているんだろう。
何故ポップスはいっつもサビの雰囲気が似たり寄ったりなんだろう。
やはり美男美女がおしゃれに振舞っていればそれでいいだけの水物商売なのか。
などと考えていた時期もありました。

そこで埼玉で一人暮らししていた時テレビがなかったのでよくラジオ(ナックファイブとか)聞いてたんですが、なんかアルフィーの坂崎さんとか良く出てるんですね。
ポップに身をささげてきた人たちが真剣にポップスを愛し、ポップスとは何かを語るシーンがあって、自分の小さな誤解に気づきます。坂崎さんかゲストかからこんな感じの言葉がありました。
「ポップスの魅力って、たくさんの人が楽しめるって事なんですよね。」
なるほど、ポップになること自体は悪ではないんだー。

そして時期はさかのぼりますが、押尾コータローさんとの出会いです。
彼も非常に肯定的な意味でポップな音楽を作る人です。以下略。

見たことがない人、自分から知ろうとしない人ほど誤解し偏見を抱くのかもです。
テーマを変えて考えて見ましょう、例えば僕の趣味、国際理解とか書いてますが、以前アメリカにいたときさまざま偏見を覆された記憶があります。
僕が見てきた中で同じ学科の友達でもアメリカ人を一括りに判断したり、どこから仕入れたか分からない迷信に惑わされます。
「アメリカ人はがさつだし、中国人は根性悪いし、日本人は几帳面だよね」
僕個人がこの言葉に嫌悪感を示して噛み付いている自覚もあるんですが、
僕が見た中でアメリカ人は凄く誠実だし、中国人は同年代の日本人の10倍根性出して努力してたし、両者とも主張すべきことははっきり言いますが、日本人はチャラっと顔色伺い、察して欲しがっている、そんな面をアメリカで多く見ました。頑張っている人は国籍関係なくいるんですが。
勿論たかが1年の経験で何を語れるかという問題もあるんですけどね。
良い悪いではなく、世界を狭めてしまう偏見について書いておりますです。

そんなで話題を戻し、知らない言葉がもたらす誤解に惑わされる自分に少し気づくんですが、ポップもよく考えたらジャンルの一つ、ジャンル自体に優劣は無いではないかと思い知り、
そうか多くの人が楽しめる音楽、それがポップスの原点なのか、と思うと、
なんとなく僕の音楽の姿勢は少し穏やかになって、色々手を伸ばして新しい音楽を知れた気がします。

今のテレビで流れる音楽の嫌な点は、ポップスである事意外に原因が、
うん、きっとジャンル関係なく単純にアーティストの音楽レベルがあれなんだ。
(あと僕がダンス見ないし歌詞聞かないからだ)    ポップスファンの方まじごめんなさい
とか思ったらポップスの英雄的な人の偉大さも割りと抵抗無く理解できたりしました。
当たり前ですが、どのジャンルにも質の高い音楽とそうでない音楽が混じってます。
マイケルジャクソン氏はそのトップクラスの存在でポピュラー音楽史の中で悔やまれる出来事だというのはしみじみと感じて取れます。
清四朗氏然り、音楽シーンの偉人は去り、新しいヒーローが誕生していくんでしょうが、今回は世界中のファンが悲しみ、今まで知らなかった人にも新たな示唆を与え続けていくイベントだったのかもしれません。

はい凄い偏った事を書いてしまいました。
ブログ初めて最初のころみたいに長いですね。
変な文章ですみません。

メルでした。
スポンサーサイト



別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

雑記

こんばんは、メルです。

今日は何の日でしょう。(とか書いてて結局記事書き上げるの今日でした。)
そう、ぱぱうえの日です。そして夏至です。
で図らずも僕のぱぱうえの誕生日です。
ぱぱうえ損してる気がしますが、本人からそんな愚痴聞いたことがありません。
陛下も誕生日おめでとうございます。

なんかブログのタイトル変えて調子に乗ってフォントとか色々書きましたが、
冷静になるといちいちそんなのしてる暇もないですね。
いちおブログの読み方「めぶろぐ」です。
不覚にもぐぐったらかぶる人いて、覗いたら写真がかわいかったとか。
名前なんて書く人が思い思いの名前付ければいいと思うんですっ!

先日映画のトランスフォーマー見ました。テレビでですけど。
少年の心くすぐりますね。敵の色彩感がたまりません。
メガトロンかっこよす。

梅雨が始まってじめじめタイムになってきました。
バイオリンのケースについている湿度計では68度記録しました。
ギター達には50%が望ましいところですが困ります。
明日はもっと高くなるとかで、もっと困ります。
去年の8月にヴェルサイユのコピー動画作りましたけど、もう今年はこの時期であんなの着る気になれません。南の国あっついです。

はい、これ昨日の書きかけ文章なので今日でした。
今日の夕方凄い雨でした。でも暖かかったので思う存分濡れました。
ばっちかったです僕。

話は変わりまして、ただいま何か曲練習しようと思って、月のワルツとかジャズっぽいのもいいかなーとか思うんですが、マイク録音だと音が全く曲に溶け込みません。ノイズも厄介だし。やっぱにぎやかな曲でぴろぴろやっている方が簡単かもしれません。
久しぶりにデP先生の曽根崎とか聞いたら早すぎて弾ける気がしませんでした。Wash My Bloodを苦し紛れに形に頑張って出来たから少しはレベルが上がったかと思いきや・・

もっかい当ブログの話ですが、リンクのブログ様のお名前少々変更させていただきました。今まで肩書きを独断でつけていた方とそうでない方、不公平な気が今更しましてお兄様とかめPを除いて(お名前)さんのブログという表記に統一させていただきました(これも不公平かな)。図らず失礼なことをしていた場合はご連絡いただけると幸いです。その他ご指摘も歓迎です。また豆星さんのサイトは閉鎖に伴い、Erzahler製作日誌は更新停止に伴いリンクから除きました。つながっているブログにも是非どうぞ。楽しいです。

メルでした。
別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ブログのお名前変えました

こんばんは、メルです。

以前もっぴさんに考えていただいたブログ名「メルの迷言」ですが、
ご本人適当さマックスだったのと僕もおなかいっぱいなので、
またお願いしました。
そしたら「メルのゆっくり見て逝ってNE☆」 返信超早かったです。
却下
なんかもっとナルシストっぽいやつおなしゃすって感じでお願いしたらこんな名前に。
何気に気に入ってます。しかしタイトルの文字の間隔が気に入りません。
Opethぽく書いてみました。アドビとか使いこなしたいよー
meblog
ついでにブログタイトルのフォントいじってみました。
これまたマニアックなフォントなので大方のパソコンには反映されません。
残念だtttttttこれ落としてぱそこんにインストールするとこんな感じで見れます。
mebloggg.jpg
不具合ございましたら教えてください。素人なので対応しきる自信がありません。

∽の意味は色々

もっぴさん今忙しくて大変だそうです。

ということで大変お手数ながらブログタイトルでリンクしてくださっている方、お名前変更、もしくは簡単にメルのブログに直してください。すみませんです。

こっそりこのブログのカテゴリでここだけの動画載せてますが、今見るとしょぼいです。あわせてちゃらんと弾いてみたら割りとましなアレンジが思いついたので余力があったら取り直したい所存です。いつになるのかわかりません。最近動画ご無沙汰ですね。

メルでした。
別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第4回 スケール事始め

#3コード名の仕組み  #2音の間隔「度」の考え方  #1ドレミの英名呼び名

初心者様大歓迎のこの講座、第4回になりました。
そろそろドレミとCDEは分け隔てなく使ってまいります。
文章多いけどがんばって下さい。

今迄はドレミで基礎だけ理論付けてきましたが、ギターに結びつかなくて寂しい思いをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。机上の理論としてドレミ、度数、コードの名前の由来、まー簡単なところまでは理解しました、しかしギターのネックを握ると全く意味が無い。
そうなってしまうのも最初は自然なことです。
今回からはギターの指盤の上で今までの理論を使ってみよう、という趣旨で書いてみようと思います。新しいことを学ぶことは大変です。でもここで諦めるか頑張るかで変わってくると思うので頑張ってみましょう。

当たり前ですがギターは西洋音階に則った楽器ですのでドレミがあります。
厳密には純正律や平均率など細かい違いを含んでいるようです。
(これについて深く調べると周波数計算やら紛らわしいので簡単に書くと
例えばミと完璧にハモるドとソと完璧にハモるドは周波数が若干違います。
しかしある程度妥協してドレミをあらかじめきめてしまうのが「平均律」です。
逆にハモネプとか音と音の相対で音程をコントロールしやすい完璧に純正律の音楽は音が重なってひとつに聞こえる位ハモリもすごく美しいですね。しかし複数楽器の調和でドだけで周波数を数ヘルツ変えて何種類も作れない、と編み出された「美しい妥協」がピアノ等に代表される平均律です。)
調べて上のほうに出た記事の言葉借りました。たぶん合ってる・・。
僕程度のまだまだ青いギター弾きにはヘルツ単位では聞き分けられません。
オケで弾いてるレベルの人が1音1音周波数整えてDTMやったら凄い綺麗な重なりになりそうですが、MIDIベタ打ちとかだと無理ですね。まーこれが音楽のすべてではありませんから問題ないと思います。

話を戻し、
スケールとは弾く曲のキーに対して心地よく響く(上記を踏まえると語弊がありますが正しい)音程の集合です。ドレミファソラシド~はハ長調(Cキー)のメジャースケールといいます。ドレミ♭ファソラ♭シ♭ド~はCマイナースケールといいます。こんなでスケールも簡単なのから難しいものまで色々あるのですが、あくまでも簡単に纏める為に色々があるのですという事だけにしておきます。

今回からギターに結び付けて考えて見ましょう。ギターでドレミを考える時、開放弦の音程が分っていればドレミがどこにあるかわかるのです。ミラレソシミですよね。全音は2フレット、半音は1フレットの差ですからこの順にポイントを打てば大丈夫です。全音は鍵盤で見た時間に黒鍵がある白鍵どうしの間隔、半音はミとファ、シとドみたいに鍵盤で見たときに間何も無く、すなわち全音の半分で移動できる間隔です。6弦で見てみましょう。
e-string
フレットは省略しちゃいましたがナットから数えます。
ミ(開放弦)からファまで半音(1フレット)、シからドも1フレット、それ以外は全音(2フレット)で数えられますね。ギターだとこうなっているのが分ればあとは全ての弦に適応できます。
5弦はラから数えて・・・4弦はレから数えて・・・という感じで
音階
こんな感じになります。いきなり見ても目が回ると思うので上の表を元に各自で点を打ってみると為になるかと思います。てか手書きで汚くてすみません。
これが、つっても10フレットまでしか書いてませんが、こんな調子で点を埋めて導き出せるのがCメジャースケールです。
そんな調子で書いていくとどのスケールも平行移動するだけなので、書けますでしょう。

音と音の間隔をつかめば、メジャースケール、ナチュラルマイナースケールはこの平行移動でしかないので、キーを変えて挑戦してみましょう。
ついでに前回のコードも構成音が分ればその音にポイントを打って、面白い押さえ方を見つけられるかもしれませんね。

ちょっと紛らわしい感じでしょうか。リクエストございましたら随時。
次は理論ちょっと細くしたら練習とかフレーズ作りとか行こうかと思います。
メルでした。

コメント返信次回に失礼させていただきます。
別窓 | メルメル講座 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

DTMとか

こんばんは、メルです。

今キューベースでマキシマイズの方法わかって、
やってみたら真っ平らな波形が作れて狂喜乱舞しています。
これで以前よりは音圧増しそう!!
でも細かい調整が難しくて出来ません。

ふぅ

でパソコンリカバリしたのでソフトが全部入れなおしなんですけど、
ブラウザのお気に入りとか、小さいフリーソフトとか、ログイン情報とか意外と記憶危なくて、スカイプやメッセまだログインできてません。
サウンドエンジンフリー、これ波形の形を舐めるように見るのとボリュームいじるくらいしか使っていないんですが、知らない間に新しいバージョンになっていて驚き、すごい多機能になってます。アナラザーの見た目が半透明でかっこよいです。是非一家に一台。色合いだけで見たらBlue CatというところのAnalyzerが好きです。なんも使い方わかんないんですけどね。
でパソコンがバイオなので惰性で使っているSonicStage、新しいバージョンが。その名もSonicStage V(ふぁいぶ)・・・名前以上に楽曲の管理がきついです。
乗り換えようかとwimampとかも試したんですが、これもちょい前に新しいバージョンが出たのか、ひとつにまとまったスキンの・・・これが当たり前だと思っていたらスキン変えようとしていろいろ試すと分かれて涙目。これって特定のアルバムに絞って聴く人ようなんですか。僕みたいにライブラリずらっと見て気分でこれにーみたいな感じだとなれない感じだったんですが、慣れれば大丈夫なのでしょうか。
以前からジャンル毎に分けてたから馴染まないのかもしれません。
どっちにしろ僕のパソコンには重たいんですけど。

あと入れるのは・・・
午後のこ~だ、パワータブ、メッセンジャー、解凍/圧縮アーカイバ、ブラウザのプラグインと巡回サイトのブックマークそしてログインするとこのフォーム記憶、画像編集のフリーソフト、動画編集ソフト、アドビやウィンドウズの更新プログラム、プリンタのドライバ、
そんなでもやっぱパソコンはいきなり終了したり。

ふぅ

で最近インペリテリとかのCDに乗せてギター弾いて遊んでいると、僕の音、リードはともかくリズムのざくざく感が非常に乏しい気がします。
それは腕の問題もあるんですけど、やっぱ7000円のアンシミュの限界も見えてきたような・・・このさいソフトで音作りの微調整とかにも挑戦すべきかと思ったり。
以前ラジオ等でもお世話になった狼煙さんお勧めのAmplitube。
これは・・・・難しい。
なんかフリーのアプライン類探すと色々あるんですねぇ。
でも用途が専門的過ぎて訳わかりません。良い耳もモニター用のヘッドフォンすら持っていないのにそ音の違いを聞き分けられるのか。
とりあえずインペリテリは1曲も完コピなんぞできません。

ふぅ

今ARIAのサントラ大き目の音量で聞いております。
ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due (ドゥーエ)ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due (ドゥーエ)
(2006/05/24)
TVサントラ河井英里

商品詳細を見るのもいいけど買って僕にアマゾンのなんとかポイントをください

なぜ生楽器がこんなに良い音で録れるんでしょう。美しすぎて癒されます。
先日の楽曲採録でもう一度マイク録音に挑戦したと書きましたが、生楽器を形にする難しさがわかりまして。
弦が少しでもびびったら録り直しで、セーハだけで指が痛くなりました。
いろんな楽器が鳴ってる中でのエレキより100倍難しいです。
さっきもそろそろまとまったオリジナル作りたいなーとか思ってマイク録音してました。
こんぷ、ノイズけし、リバーブを各トラックにかけただけでパソコン動きません。

ふぅ

おやすみなさい
メルでした。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

雑記

こんばんは、メルです。

またまた日が空いての更新です。
パソコンがいったんだめになって、でも新しいの買う金もないのでリカバリーしました。
その際パーティションの割合変更できるとか書いてあるので、
Cの割合増やそうとか思っていじったらDの中のだいる全部消えました。
しかもリカバリーした後も強制終了するトラブルとか直りません。
今後いつだめになるかわからないので更新止まったらやられたと思って下さい。

楽器屋さん数件回ったらなぜかアニメの絵が貼ってあったりアニメが天井のテレビから流れていたり。なんだこれわと思いましたがこれがうわさのけいおんというやつですか。
小売は需要を作り出さないと生きていけないのでしょうか。そこが腕の見せ所なんでしょうか。とりあえず僕はDEEP PURPLEという渋めのきっかけでギター始めましたがアニメがきっかけでも楽器の楽しさに気づいたら全然楽しいと思います。
楽しんだら勝ちですよね。

冥土王シャーベルたんが話があるコラボ以外の投稿活動を終了なさるそうで、
彼には語りつくせないほど楽しませてもらいました。
彼は嫌味ったらしい技術志向な感じもなく、素人製作ならではのシュールな作品を魅力いっぱいに送り出してくれ、アレンジセンスとともに技術以外のカリスマ性でも惹かれたプレイヤーです。ニコニコ演奏の魅力が詰まっていたといっても過言ではありません。僕信者ですから。
お疲れ様でした。まだここ見てくれているといいな。

イネさんの騒動?も少し見ました。
変なこと書くと怖いので超ノーコメントにします。書いてるし。

そんなで僕も前の投稿から1ヶ月が過ぎてしまいました。
正直、今年の初めは気軽にたくさん投稿しますーとか書いたんですが、
やっぱ気晴らし程度に弾くほうが合っていると言うか、変な負担感も無くですね。
最初は「自分の演奏が人に聞いてもらえる!しかもフィードバックがこんなに帰ってくる!こんなに貴重なことは無い!!」と目から鱗のニコニコでしたが正直反応にも慣れてしまった感じで、前ほど情熱は無いのですが、気が向いたときに投稿してお遊びに楽しければよいなーと思います。
とりあえず当初の口約とずれててすみません。

で今日はお部屋の整理して、DTMがんばるぞの決意としてMTRを箱にしまったり。
しかしパソコンが不調と来たこの現状、前途多難かもしれません。
機材と位置とかずらすと、それに付随するケーブル類の処理がすごく面倒です。

梅雨入りが各所で報告されています、折り畳み傘携帯しましょう。
メルでした。
別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

弦交換

今晩は、メルです。

前回は残念な報告になってしまいましたが今回からまた明るく参ります。
てか普段の僕の文章、特段明るくも無いですよね。

他愛も無い話ですが、弦の交換って面倒なのです。
ギターはいいんですが、マンドリンが凄く面倒なのです。

弦が8本あるのもそうなんですが、構造的に最終鬼畜なんですね。
まず、弦のブリッジ側エンドをを引っ掛ける構造、これが、
P1010082.jpg
こう弦が輪っかになっているのを大仏の髪の毛みたいのに引っ掛けるんですが、
これが4弦?太い方とかもう曲がらなくて涙目です。
しかも今回1弦が何故かほどけるという前代未聞のアクシデント。
エリクサー・・・・゜ω゜
巻きつけるならもっときつくお願いします。
とりあえず全身全霊を込めて手で巻きつけましたが怖くてレギュラーのオク下までしか音上げれません。どうしたらよいのでしょう。

因みに外せるとこ外すと少しかわいくなります。
Pmmm.jpg
ブリッジが乗っているところだけ少し色が明るくなっているのが分ります。
知らず知らずのうちに経年退色は進んでいるのですね。
因みに今回ピックガードのネジ穴がばかになりました。
逆さにしたら外れたあたり、もとから施工が甘かったと思われます。

そしてネックの反り。
P10jhu86.jpg
良く見えなかったらすみませんなんですが、順反りになっております。
これがマンドリンの弦凄くテンション強いので致命的なのです。

そしてトラスロッドカバーをあけてロッドを回そうと試みます。
回りません。
調べてみるとマンドリンのロッドは真っ直ぐ設計のもあるそうな。
あるいはこの工房のは時にシングルアジャスタブル・・・
どうでもいいんですが、結果直せませんでした。
まさかこの子もダウンチューニング専用機になるのではとも思いますが、
明るい音色はやはりレギュラーチューニングが一番素晴らしいのです。

なんか最近幸薄い記事ばっかりな気がします。
なんか思いつく限り明るい話題を提供しておこうと考えたら、
サウンドハウスにミナリーク売ってるwwww

燃えるような熱いギターですね。
メルでした。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

お知らせ

今晩は、メルです。

Erzahlerメンバーのブログでご存知の方もいらっしゃりと思いますが、僕からも。
このたびサークルErzahlerはアルバム制作活動他を凍結する運びとなりました。
(2009年6月4日を以って、になります、ご報告の遅れお詫びいたします。)

理由として、音冶ブログにもあるとおり時間等の都合もあり、我々自身が納得した次元で作品を作り、それを夏コミに向けて完成させるという目標の達成が困難になってしまい、今回凍結という運びになりました。
当初の計画が達成できないという点においてはメンバー一同、特にサークルを一から作り上げて来たお兄様には非常に辛く、不本意な決断であったと思いますが、どうかご了承くださると幸いです。

ご期待を寄せてくださった皆様、関係者様各位、大変申し訳ございません。
これに伴うErzahlerの今後については追々話を進めて結論を出したいと思っております。

蛇足にはなりますが、各メンバーも魅力的なアーティストばかりです。
おこがましくもありますが彼ら個人の活動も今後とも注目していただければと思います。
僕自身今以上に自分が納得できる作品をお披露目出来たらと思っております。
重ね重ね、楽しみにお待ち頂いていた皆様に深くお詫び申し上げます。

業務的な報告のみになってしまいますが、以上記します。

メル


コメント返信は次回の記事にさせて頂きます。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ひとまず区切り

今晩は、メルです。

昨日で怒涛の録音作業が終わりました。でも1曲だけですけどね。
16小節のギターソロ100回位録り直しました。完成度は高い気がしませんが。
チョークアップ/ダウンの音程や動かす速度、1音毎の強弱、ビブラートの揺らす速さと幅・・・
考え出すと完璧に仕上げるのは限りなく難しいです。

しかも録音機材のトラブル、一時期録音できなくなりました。
録音できない録音機材ってなんでしょう。因みに98年製です。
そして結局センドリターンのエフェクトは効かないまま不完全燃焼。悲しいです。

そしてパソコンのトラブル。マカフィーがキャッチできないマルウェア大量発見。
音源取り込むソフトが起動しなくなりました。その上強制終了わんさかでした。
もう一気に音がピキューンと言って画面が黒くなります。なんでしょう。

しかし、ミックスまで完成して、僕が出来ないマスタリングをお願いしたのがあの・・
ンヌゥさんです。
報告を頂いた作業内容。
・トータルコンプを軽めに
・200Hz以下にもわっとした成分があったのでそれ以下のみにもう一個コンプ
・要らない超低域(30Hz以下)をなめらかカット、もこもこ220Hzをちょっとカット、
 10KHz以上を若干なめらかエンハンス
・音像を若干フロントに、左右広めに
・若干ホワイトノイズがあったのでノイズリダクション
・センドにロングリバーブをちょっぴり
・マキシマイザー(L2)で1dbだけ底上げ
ふむふむ。少ししか分りません。
ただ、音源化けました。信じられないくらい化けました。
このお方演奏技術が変態な上にエンジニアとしても優秀と来ました。
心底惚れるといいと思います。
感謝しきれないほどです、本当に有難うございました。
波形で見ると
WS000020.jpgこれがWS000019.jpgこうなりました。

これ今日の僕です。青い果実はなんとかなんとか♪メルキュアっ
mellmellbirth.jpg
嘘です。

メルでした。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| M∽eblog |