M∽eblog

届いた

今晩は、メルです。
記憶が正しければ広告がブログに出てしまうのは当ブログ史上初の出来事です。
最低でも月一回は更新してきたのに、切ないことです。

ネットが約一ヶ月絶たれており、青の間は携帯でちょくちょくツイッターで呟く程度でした。
ところがスマートフォンで動画が投稿できたり時代の趨勢に置いて行かれてる時間を感じたり、
仕事で物凄く辛かったりいろいろでした。

そんなで、本日久しぶりにキーボードで書いてるわけですが、もはや書きにくいです。
とりあえずいろいろの中に機材が数点入ってますので話題繋ぎに一つずつ紹介でもしてきます。

本日タイ語の小包が届きまして、
半年くらいまえに話を始めたピチャヤソンさんからオーダーデザインのディストーションが届きました。
CIMG1945.jpg
APEZILAというタイのハンドメイド工房様の製品に、色変更できないかと、
姉妹にはブランドロゴまでちょっと返させていただいてしまった逸品です。

これの凄いところは、全部青いんですよ。
写真では平たい青に見えますが実物美しいぶるーです。
これまた電気と押すと素敵なことになるんですよ。

CIMG1948.jpg

LEDから真空管まで青く光るんですよ。眩しいくらいです。
既製品のMK-II/DUAL DUBE DISTORTIONという製品をもとに、主に色とスイッチ類だけカスタムしていただいたのでLEDが青と緑で揃っています。
CIMG1954.jpg

やや塗装は精度は有名流通物に劣りますが、ちゃんとメルメルロゴも入ってるのです。

CIMG1952.jpg

音色のバリエーションがまた凄く広くて、2CHで書くチャンネルにモードスイッチがつている豪華仕様です、前持っていたクレイントータスのDD1のモード選択よりもライン録りにおいては可変幅がケタ違いに広いです。まあ相性もあるので製品の優劣を言うわけではありませんが。

加えてセンドリターンでペダルがまた繋げるデザインですが、ボードのサイズが許さないようです。
新しいエフェクターを使い始めるときは、アンシミュの相性のよい音を探すのに凄く手間取るので実践ではまだ惜しい感じの音までしか作れていません。

製作過程の画像も幾つか贈ってくださいました。普段見ないので結構面白いです。
DSC07775.jpg DSC07785.jpg DSC07789.jpg

ほんとにありがとうございました、ピチャヤソンさん。

ということで機材自慢の記事でした。
また暇見つけて記事書いてまいります。

コメント返信さんざんの待たせしていて申し訳ありませんが、追って追記させていただきます。
記事だけにて失礼します。

メルでした。

スポンサーサイト



別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| M∽eblog |