M∽eblog

ルクセンダルク大紀行の感想

こんばんは、メルです。

発売から結構経って、もうサントラのほうがタイムリーな感じですが、
前記事で今度レビューでも書きますとか宣言しつつ言いっぱなしなので遅れながら。
ゲームはしてないし色々な部分に疎いので音楽的な部分だけですが。

ルクセンダルク大紀行 (初回限定盤)(特殊パッケージ仕様)ルクセンダルク大紀行 (初回限定盤)(特殊パッケージ仕様)
(2012/09/19)
Linked Horizon

商品詳細を見る


Liked Horizon名義のフルアルバムです。

1,Theme of The Linked Horizon
シンフォメタルのオープニングっぽい陛下得意そうな始まり。
でもメタルは始まらない代わりにいろんな曲調に展開します。
陛下の声に「~のかい」という言葉遣いは非常に合ってる。力強い方向性では元々無いと思いますが、Aメロは一番陛下の声にあった形になってると思う。
短3度の転調オンパレードで疾走する部分は緊張感があって良い。
でリードギターの後にピアノが来る部分とか哀愁メロディアス・ハードっぽさの魅力に共通するような要素も見えたりする。最期への盛り上がりもここらへんさすが陛下とか思う。

2,ルクセンダルク紀行
小さな曲がメドレーになってるような感じの曲。
いろんなアコースティック楽器の音が入っていて美しい上に、メロディーの紡ぎ方もあり様々な雰囲気を作り上げている。こんな感じのノスタルジックの曲長にはタイトなスネアのほうが良いんでしょうかと思う。激しい曲だけバシバシならしても違和感あるんでしょうか。語りが入る辺りはMoiraの雰囲気ちょっと似てるかなと。

3,虚ろな月の下で[Vocalized version]
アコースティックギターが極上。歌の次にリコーダー、バイオリンも入ってて美しさ倍増。コード進行だけ拾えば似てる曲ばかりなのに、飽きさせない幅広い作曲で凄いなーと思わされます。
短い曲で基本的にメインのメロディが3コーラス繰り返されているだけなのに、楽器が重なったり、リードが入ったり、メロディ展開で繰り返し感を全く出してない。

4,君は僕の希望[Vocalized version]
のどかな曲調で始まって、すぐ後にパイプが入ってアップテンポな調子に変わる。
ポップな歌メロと民族調というB級感が漂う感じ。フルートのリードも素晴らしいが、もう少しちからづよい楽器チョイスでも良い気がする。

5,風の行方[Vocalized version]
6拍子の浮遊感がある曲調で、メロディーもどことなくMoiraに出てくるものを彷彿とさせる。
6度半音上げる十八番の音使い、も、バイオリンソロも素晴らしい。メタル好き的にはここら辺でエレキギターの音が欲しくなってくる。

6,雛鳥[Voaclized version]
エレキギターの音が登場する。 B→C#/B→D/B→E/Bで書き方いいんですかね。このコード進行の上でちょっとしたロックテイストあふれるギターソロもあり、良いです。
サビがメジャーコードから始まるのでキャッチーになる代わりにお耽美音楽のファンはがっかりするかもしれない。が最後のサビの盛り上がりなどなど聴き応えあって好き。

7,愛の放浪者[Vocalized version]
ナイロン弦ギターでラスゲアードなどスパニッシュテイスト10%くらい混ぜてる陛下歌唱の1曲。
でも基本はエレキギターも小さくなってるロック/ポップ路線の曲調かと思う。
個人的にはそれぞれのメロディーは凄くいしっかりしてるがフック的な物が少なかった。

7,純愛❦十字砲火[Vocalized version]
視聴で聴いてショックを受けたが実際一番わかり易い。
バックがギターソロとハモンドオルガンなど陛下が昔から好きなパターンはいってディープ・パープル好きな自分も好き。ということは陛下すき。

8,花が散る世界[Vocalized version]
再びしっとり聴かせる曲。珍しく最初から最後までAmキーのまま転調しない。歌も音域広くて難しそうだけどとても上手。

9,巫女の祈り[String Quartet Version]
弦楽四重奏については教養が全くないのですが、チェロのコードをなぞった動きがちょっとしつこく聞こえる。でもずっとってわけじゃなく時にメロディーとったりアレンジ幅広。いろんな曲のメロディーがフラッシュバックしていく展開。ポカフェリイメージアルバムにあった感じと感じるのは使う楽器のせいだと思う。
自分みたいにコード進行を基本に曲作ったりしている人からしたらチェロがこんだけ動くだけでも凄い。

9,希望へ向かう譚詩曲[Long version]
小紀行にも入ってた。少ない楽器からどんどん壮大なエピック感満載な感じになっていきます。ゲームの主題(?)を歌メロにしてるっぽいけど聞こえ方が全く違う。今回の作品群の中でもとても際立つ1曲だと思います。音の重なり方が素晴らしい。

10,BLAVERY NO TITLE
いつアイクがしゃべりだすかと

11,ピコピコ戦闘曲メドレー
少ない音数だと陛下の意図がより良くわかる気がします。

以上です。お粗末さまでした。まだ買われてないかたは参考にどうぞ。参考になりません。
100点満点で評価したら300点くらいなので。

おまけで短い荒削りインストメドレー


ウィジェットに渾身のギャグが反映されなさそうなので貼る。深夜のてんしょん
るくせん3
録音は全部あんだーそん君です。


メルでした。

スポンサーサイト



別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| M∽eblog |