M∽eblog

7弦ギター3本ほど弾くの巻

こんばんは、メルです。

1回に2記事更新、何年かぶりですので貴重です。
暇なので。

さて先日のお茶の水初め新宿渋谷と有名所の楽器屋さん一通り回ってきた個人的な所感です。
今回は特に買う計画もなく(というかSugi様買ったばっかり)ぶらぶらですが、せっかくなのでこの機会に色んなブランドの7弦ギターを触ってみようと目論みました。
もちろんあまり楽器屋さん側からしたら買わない試奏は歓迎じゃないので、アイバのJカスタムみたいに黒ずみやすい物は避けたり配慮したつもりですが、各所の対応してくださったお店の方々すみません。

まず最初。
某お茶の水に数店舗ある大手さんのメタルフロアのアイバニーズレギュラーRG7 4万半ばのやつ
いわばエントリーモデルという位置づけのヤツですね。
店員さんに生気が無いのでよほど歓迎されていないのかと思い安いやつ弾いてみる。
ネックを持った感覚が何かスカスカ。何がと言っても言いにくいですが弦が指につきにくい感じでした。
Laneyのアンプは非常によかった。

次。
新宿の、つい先日まで笑ってもやむなしなスタジオがあった近くの、バイオリンとかもある大手さん。
今年発売のIron LabelラインのRG7を弾く。8万くらい。アンプはマーシャル1960、やっぱこのアンプすごく好き。
上のヤツの印象とは打って変わって、スゴイ手に馴染む。一瞬で弾きやすいと感じます。サスティーンがものっそ長い。なんでこんなにって言うくらい。アンプの恩恵もあるかもしれませんが、普段ライン録りしててこんな心地よい音の伸びは聞かないぞという感じの。ハードテイルってのもプラスでしょうか。でEMGも心地よく歪んでくれるので、総合的に大満足の結果に。マレーシア製と書いてました。
店員さんもものすごく色々話してくれました。

閑話休題
やっぱ8弦弾いたことあるからって7弦すぐいけるわけじゃないのですよ。ネックの幅が全然違うし。全部違う楽器みたいな感じで、だから6,7,8弦弾きますという演奏者さんはものすごいと思う。9以上は超越者。
8弦は、自分が持ってるギターだけの感想でいえば低い方は短音で弾かないと、パワーコードでも濁ってしまうんですよ歪ませていると。で弦のテンション確保でスケールが長い、これが弾き心地とのバランスで一番困る部分です。うちの8弦さんはチョーキングさせてくれないくらい高い方の弦テンションきついわけです。

そしてIron Labelは7弦までパワーコードでも大丈夫だしスケールの長さは6弦と大差なく、そこが最初から弾けるように感じた大きな要素になったようです。と分析します。
他にはシェクターとかジャクソンとか10万前後の7弦はありますが、ネックの手触りが好みでないのでここは除外。質は低いとは思いませんが。そして.Strangberg*の北海道ぽいやつやNiLの牙はえたザグりのギターは憧れつつ高いので触れない。

そしてキルトがばっちりな7弦といえば本命Crews Maniac SoundのAb's7です。40万行く高級なお方です。値段飛びすぎです。
渋谷で道に迷いつつHoochies様へ。
アコギフェアだかでエレキは結構しまっちゃってたようですが、店員さんに色々伺いながら、アンプからの音出しはせずネックだけ握らせて頂きました。これね、東京以外だとよほど運よく中古に出会わないと難しいと思います。
なので出音はよく分からんですが、というかまえAb'sのシングル3発のヤツ持ってたのでバランス完璧と全面信頼してますが、まずネックシェイプがRGよりもやはり肉付きがいくぶん多い感じ。スタンダードなCのまま7弦にしたような感覚に思いました。ここがネック。ネックだけに。
正直RGに慣れた手にはやや弾きにくいと感じてしまった。でもキルトがゴージャスだ。
店員さんも動画で拝見する印象そのまますごく玄人な印象で色々と教えていただきました。
でもネックがネックだ(2回目)
でも慣れたらあまり関係ない範囲の中かなという感じなので。デジ○ートで安い中古が出たらくらっといかないことを願う。
ちなみにどんな人がAb's使ってるんですかって聞くとアニソンが多いです。だってアニソンのバックってばりばりロックじゃない。と店員さん言ってた。
東京人、受け皿が広い。

ということで、近々買う感じではないですが、Sugi様を愛でつつ曲のネタでものんびりためようと思います。

メルでした。
スポンサーサイト



別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

非日常

こんばんは、メルと言うものです。

自分が働いている業界がゴールデンウィークはしっかり連休なので、東京の友だちと長野の実家に帰るという形で満喫しております。前半(といってもこれからは家でクズのような生活をするのみですが)の徒然を書こうと思います。

まず飛行機で羽田から、色々電車乗って音楽仲間と合流。
彼はバンドマンばりばりな人ですが、最近DTMもやってて結構共通の話題が増えてきてる大学からの友だちです。
毎年会うときは新しいギターの見せっこなんぞするのが習わしのようになっています。
今回はあってスタジオへ直行。休日なので予約が埋まっているらしくシビアな時間での予約に。
そして格安航空の高速回転のアレなのか何が原因か不明ですが30分の遅れ。スタジオ30分ロス。
でも特にバンド練じゃないし即興で弾いたり大きい音で楽しむのがメインなので問題なし。

そして、そのまま友人宅にお邪魔し2日目、楽器やさん巡り。
お茶の水の楽器屋さんの通りをめっちゃ歩く。三木楽器様のところまで行って往復、高級なギターたくさんあるぞ・・・
そして、友だちの希望で、従業員数少ないのに世界的に信頼されてる日本の誇りオヤイデ電気さんにも行きたいということで、秋葉原へ。普通にお茶の水から歩いて行けるという発見でした。
すぐには見つからず、Peripheriyの方々来られたという話ですが、見つけてみたら凄い小じんまりした店がまえで、看板も隣の飲食店と配色が似てて気づきにくかった。そこで、出来あいの電源ケーブルとかが拝めるかと思いきや、超自作プッシュなスタンスでパーツばっかり。何も分からない。とりあえず入り口近くに置いてあるギターに良いと書いてあるケーブルを購入。そしてd+のUSBも。これは後から値段見たらここで買っても他の通販でも値段の違いがそんなにないらしかった。後から見て見るとギターのケーブル、モガミ製の新製品のケーブルにオヤイデ謹製のプラグとすごくしっかりしていることが分かり喜ぶ。
CAM00115.jpg
通販ではない逸品なのでしょうなぁと友人と優越感に浸る。


その晩、友人所有のNI製MASCHINEというクラブ系もいけるリズムトラック用のハードを触らしてもらう。慣れるまで難しそうですが非常によかった。

3日目、別の大学の友人と新宿で飲む。なんだこの都会人っぽい流れは。
1件目が青森シャムロック(というブランド鶏らしい)がおいしい居酒屋へ、5年ぶりでしたが変わらず楽しいひと時。
CAM00114.jpg

そして別の友人と合流するために2件目に。そこが馬肉専門の居酒屋さんで、歌舞伎町の中らへん?にある、すごいおいしいところでした。その友人は公務員でめっちゃ出世しててびっくり。30近い集まりだと、独身既婚とか収入とかの話も出てきます。今回は出ませんでしたが場合のよってはは頭髪が薄いとか体系とか、老けた系の話も。

友人たちによると自分は大学生のころからあまり変わっていないようです。
ちなみにニコニコ動画に初めてサンホラ弾いてアップしたのが大学4年で当時一応東京のはじっこに住んでました。

しかし普段九州で働いていて、そちらではあまり積極的に出歩かないので趣味のからみがないですが、東京の友人たちは口をそろえて帰ってきなよと言ってくれるもんで、ちょっと心が揺らぎます。

まぁそれは置いて、その日と夜には長野に新幹線で帰る予定が、もともとタイトな予定を、話が楽しすぎてやっぱり時間だから帰るとすんなり出来ず、ギリギリに出るも新幹線乗れず、友だちの家にもう一泊。
せっかくだからと友人行きつけのロックバーに行き色々飲む。以前3回ほど顔出してるとこですが、変える時しか行けず1年毎みたいな感じです。やはり大きめの音で音楽聴きながらお酒飲んで話すのはすごく楽しい。

で翌日無事新幹線で帰れました。めっちゃ混んでました。
大まかな流れです。
ちょっと楽器屋さんのことを次の記事で書きたいなと思います。

メルでした。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| M∽eblog |