M∽eblog

車を売る話

こんばんは、メルです。
いつもと全く話題が違うんですが、初めてのことでえらい勉強になったので参考になればと思い記します。

東京に越して暫く、ほとんど使わなくなったので2年ほどしか乗ってない車を売ることに。
ローンも残っているのでそれにも満たないと嫌だなぁとか思いつつ、なるべく高く売れるようにネットでよくある
色んな買取業者へ見積もりが依頼できる一括査定へ。
連絡先を入力した直後から超鳴る電話。出張査定(車の実物を見て値段を出す)のスケジュールを組む。

そして大手から聴いたこともないところまで色々と組んでいく。合計9社来てもらった。
一応この手の裏がないか、ましてここはTokyo、巧いこと話術に乗せられて損するようにならないか、
ネットでそれなりに口コミやトラブル例を見ておく。

だいたいトラブルとしてはこんなんが多いそうです。
・営業マンさんが即決を迫って半ば無理やり契約させられる
・出された値段で契約して、車を引き取ってもらった後ダメージがあったからといって減額(契約書にちっちゃくその旨書いてあるとか)

ということで査定を超詰め込んだ日、さっそく大手の方から見える。大体1時間間隔で来てもらうことに。
後から知ったが、一緒に来てもらって値段をせーので出すという形式もある様子。ただ業者によっては「トラブルを避けるために他の業者とバッティングしないようにお願いします」と電話で言われ素直に従った。

1件目。
予定時刻になっても来ない、心配で会社に電話をする。向かっているとのこと。
そして20分ほど遅れて営業マンさん到着。何事もなかったかのように20分ほどで車を色々見て写真をとって本社に送る。
残り20分、値段が本社から帰ってきた様子だが値段は言ってくれず。立ち話(お客さんと信頼関係を築く時間?)をしているうちにあと5分。本題に中々入れず、しかもこっちは時間守っていないのに何もない時点で印象最悪なので、値段の話になったところで自分のほうがもう「もう次の方来るんで」と切る。数字の話は1言も出ず。何しに来たんだこの営業さんはという状態である。

2件目。
こちらも大手だが、えらいネットの評判もいい悪い両方たくさんあるところ。
同じような手順を踏んで値段が帰ってきたらしいが、ここも言ってくれない。
あれ、一括査定って値段言って貰って比べるんじゃなかったっけ。
そして、こちらはえらく即決を迫る。「今日このあとの会社も全部断ってくれるというくらい気持ち見せてくれたら、上に交渉してみます。」「今日だから出来るこの値段ですけど、時間が経てば車の価値も下がるから…」の旨のことをえらい言う。いや気持ちとかじゃなくて値段しりたい。こちらは値段も分からないが、即決を迫る姿勢にいらっときたので「そういうふうにするんならいいです」と冷たく切る。

3社目。
2件目と同じ様な感じ。しかしこのへんで会話から大体どんな値段が帰ってきているか予想が付くようになる。
業界で標準という相場表なる分厚い本を見せてくれる。業者オークションの落札価格のデータ集ぽい。相場低いな、という印象。どこの業者もこんなかんじですよとのことだが、真偽はともかく、今日予定詰めた業者だけでも見るからと保留。また、別の業者さんは「あの本は値段低く見せるためのツールですよ」といっていた。確かに少ない業者でのみ比べていたら納得していた気がする。恐ろしい。

4社目。
最大手の一つ。値段はやっぱ聴けないものの、今までの会話から察した予想を元に「この値段は無理なんですか」と聞くと、「んー、今日決めてくれるならそれで上に交渉してみます」という姿勢。値段も定かで無い上にやっぱ即決かい。どうやら決済権が無い営業マンさんはこういうパターンになるらしい。もう心のなかで切る。適当に立ち話をして終了。

5社目。
4社目と若干被ったが、査定委員さん同士が一括査定でよく一緒になる顔見知りのようだ。
こちらはえらい真摯に対応してくれて、名刺の裏に値段を書いてくれた。候補に上がる。
そうですよ業者さん。値段書くと候補に上がるんですよ。よく考えたらこっちが値段聞いてるんだから当たり前だこれ。

6社目~7社目
どこがどこだかわからなくなってくるし、愛想よく話すと同時に探りあいになる会話に疲れてくる。
1つはしっかり値段だしてくれて、もう1社はメールで数字をちゃんと後日送ってくれる。
どっちとも大手でもない地元密着の会社でネットの評判は殆ど無く、ちょっと警戒も。
もう、会話録音アプリいれて、色々質問する会話を録音したりもした(そこまで警戒しなくても良かったかもしれない)。

9社目。
大体2件目と似たような感じなのでやりすごす。

ということで、候補が大体数社に絞られる。
ネットの口コミだとかが大いに助けになりつつ、得た経験値がこんな感じ。
・即決を迫られたくない人は最初に「今日は決めないんで、値段だけ教えて下さい」という。それでも迫ってきたらきっぱり断る。営業マンさんは基本的に今日の契約が欲しい。きっぱり断る自信がない人は強く出るのが得意な友だちでも隣にいてくれると吉では。即決=悪いことではないが、自分の場合は即決を迫ってきた業者の後に、かなり高い値段を出してくれる業者が来た。
・(5月までなら)必ず車税はどうなるか、リサイクル料はどうなるかを確認する。例えば車税3.5万を負担してくれる70万と、負担しない72万は前者のが結果お得に。払った後ならどうなるのかわかりませんが、どっちみち納付書は必要になるので捨てちゃいけないんだと知る。
・業者の後出しジャンケン(先に他社に値段言わせてそのちょい上の値段を提示する)が激しすぎる。値段言わない所は、胡散臭いわけではないが面倒なのでそれだけで切って良いと思う。こちらの時間の無駄という損失を被る。
・オートオークション(業者向けオークション)を介するとこより自社で販売しちゃうところのほうが高い値段出してくれる。
 買取額で25万くらい最低額と最高額に開きがあった。委託で売れたら~も含めれば開きは40万くらい。まじかよ。
・契約の前段階では営業の査定士さんに「(査定士さんがちゃんと車の値段言ったんだから)契約後の減額は無いんですか、あるんですか」と念押しする。
 →査定士さんが見れるのは内外装の状態までで、エンジン内部の状態などは出張査定だけでは難しいため、会社に車両を引き取ってからチェックしたときに内部の異常が見つかれば減額なども合法的にOKのようです(契約書に書いてるとか)。でもそれでいちゃもんを付ける前提でわざと高額な値段を言ってくるたちの悪い業者もあるようです。なのでそこを聞くと営業マンさんさすがに嘘はつけないので教えてくれます。今回は中には「契約書に私が”契約後の減額はしません”と書きますよ」といってくれた人もいました。(もし本当にエンジンに異常があったら会社が負担する覚悟なんでしょうか)」
・委託販売のほうが圧倒的に高値。ただし売れなかった場合はその期間を経た時点での相場で買い取り(値段が下がる)/返却など=結果最初から買い取りの方が高かったことになるで、ちょっと自分にはギャンブル性があるように思った。お金が手元に来るのも販売期間~売れた時、とかなので時間が要る。でも車種によってはこっちの売り方が高いから人気みたいです。
・「どの会社が良い」というのは言いにくい。営業マンさん次第なので、いい口コミも悪い口コミも同じ会社につく。それに時期・タイミング、車種によって高値で買う車と、その分の赤を回収するために情弱さんに安い値段で迫って買うのも両方ある様子。営業マンさんは客を超見ている(らしい)、だから会社単位で画一的な答えには至れない。どの会社が正解かは車種やタイミングにめっさ依存する。

と値段比べて決めてーと気楽に考えてたら図らずも営業マンと情報戦になり、その日は超疲れた代わりに色々勉強になりました。
あくまでたったの1例ではありますが、売ろうとしている人が読まれて参考に慣れば幸いです。
みなさんも車を売るときは情報を集めて、営業さんのトークに持って行かれない心の準備して頑張ってください。

さよならぼくのFiat…
CAM00090.jpg


メルでした。
スポンサーサイト



別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

引っ越してちょっと

こんばんは、メルです。

というわけで激動の期間が過ぎ、わたくし東京に無事越してきました。
大学時代に板橋付近で生活していたことを思い出しつつ、やはり不要だと思うものが暮らし始めてからいっぱいあると感じる日々です。

そして昨日今日と(体温計をどこにしまったか忘れたけど)、体がだるくて、目も痛く、鼻もでて、喉が超痛い。
つらくて一日の半分近くを寝ているというダメな状態。幸い今は治りかけです。

動画を上げました。


あとYouTube
https://youtu.be/OaWjD35wELc

このアニメ、なんか、珍しい、アメリカの学園モノアニメとかいう記事で知って見てみたらバトルシーンが面白くて、英語の勉強になるというメリットも備えたとてもいいやつです。
YouTube版ではちゃんと日本語字幕が出るのでみやすい。


(ちょっと横幅の調整わかんないのでYouTubeいでみよう)
トップクリエイターのMonty Oum氏が去年33歳で亡くなられていたというのも衝撃です。
亡くなられてから自分みたいにハマる人がいるので、ネットにものを公開するって凄いことだなーと思います。

久しぶりに動画作ったら、書き出しに数時間、エンコードに数時間と、やっぱ時間かかるなーと思いましたが、こういう短い演奏は気軽にあげたいなーと思います。いつもの希望ですが叶うかは謎。
ウェブカメラで撮影すると画質落ちる代わりに音質(後から編集できないってだけで)問題ないし、超早いんですけどね。

あと、ebayで8弦ギターを見ていて、ふと出品者に質問したら超いい人で安めにしてくれて、もしかしたらギター2本ほど生贄に捧げてニューギアしてしまうかもしれない、という流れになって来ました。そっちの方はまた書きたいと思います。

メルでした。

別窓 | 雑記雑談のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| M∽eblog |