M∽eblog

第2回 音の間隔「度」

メルです。初心者向け理論講座です。
第2回は度という数え方。まだ基本のキですが。
なんか自分の知識を補完して一通り書こうと思ったら時間かかりすぎて疲れたので知る範囲だけ。もう知らないっという感じでこの分野のこれ以上のレベルは各自お願いします!機械的な羅列はうぃきでもどこでもみれるのだ。ということで抜粋で解かり易くしたいと思います。
この数え方を頭に入れるとコードネームの仕組み、音の法則性が口で話せる様になりますし、ある程度理論的なソロの組み立ても考えられるようになります。
ここはひとつ是非本腰を入れて覚えてみましょう。僕は早くも余裕無いです。

この音からこの音まで何度ですよ。このスケールは(ルートに対し)何度と何度がシャープですと
というふうに、何度というのは音と音の距離を表します。
まずは数え方を書きます。ここまでは覚えるだけなので簡単です。

Cを基本に考えて
Cから見たC→1度
      D→2度
      E♭→短3度
      E→(長)3度
      F→4度
      G→5度
      A→6度
      B♭→減7度
      B→7度

まぁ減とか増とかついたらフラットとシャープだと覚えとけばだいじょぶです。
つまりミファとかシドとか除いてどの音にも付きえますが、まーパワーコードだけ弾いているロックをやってる限りあんま複雑なのは出てこないので。
でCキー以外でも一緒です。Dから見てEは2度などなど。
キーの根音に対するコードの基音もローマ数字を用いて使ったり。
ジャズ畑の人は良く使ってます。サンホラのコードってIVーVーVIm多いよねーとか
(この場合はCを基本に考えるとF-G-Amをあらわします。勿論Cという前提が無ければ他のキー上でのこの位置関係にあるコードもあらわせます)
今回はここまで。一つ一つゆっくりものにしていきましょう。

問1 次の音を答えましょう(20×5)

(1)Dから2度上の音
(2)Dから短3度上の音
(3)Gから5度上の音
(4)Aから短3度下の音
(5)ファ#から減7度上の音

こんなん必要ないかな。
とりあえず答え合わせは次回
で次回はコードの名前の法則、簡単なのだけやってみます。
自分で音重ねて「これなんていう名前かな」とかなくなります!たぶん
メルでした。

メルメル理論講座ではリクエストとご質問を募集しております cya(゜ω゜)ノシ
別窓 | メルメル講座 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<メル新一のショートショート | M∽eblog | 呟き>>

この記事のコメント

なんというわかりさすさ

とりあえずサンホラのコードには全rikiが同意ですw
最後にmをsus4からメジャーに持ってったりするとまさにサンホラですね。
もうお陰様で僕の手癖進行になりました。
マイナーキーのラ→シ→ド で考えてましたけども。
というかこの辺はよくわかんないです;;


最後拭いたwwwwwwはすのさんwwwwww
2009-02-26 Thu 02:57 | URL | riki #PTRa1D3I[ 内容変更]
き、気付かなかった・・・
やっぱり分かりやすいですね。

ありがたやー
2009-03-01 Sun 21:28 | URL | みゃー #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |