M∽eblog

第4回 スケール事始め

#3コード名の仕組み  #2音の間隔「度」の考え方  #1ドレミの英名呼び名

初心者様大歓迎のこの講座、第4回になりました。
そろそろドレミとCDEは分け隔てなく使ってまいります。
文章多いけどがんばって下さい。

今迄はドレミで基礎だけ理論付けてきましたが、ギターに結びつかなくて寂しい思いをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。机上の理論としてドレミ、度数、コードの名前の由来、まー簡単なところまでは理解しました、しかしギターのネックを握ると全く意味が無い。
そうなってしまうのも最初は自然なことです。
今回からはギターの指盤の上で今までの理論を使ってみよう、という趣旨で書いてみようと思います。新しいことを学ぶことは大変です。でもここで諦めるか頑張るかで変わってくると思うので頑張ってみましょう。

当たり前ですがギターは西洋音階に則った楽器ですのでドレミがあります。
厳密には純正律や平均率など細かい違いを含んでいるようです。
(これについて深く調べると周波数計算やら紛らわしいので簡単に書くと
例えばミと完璧にハモるドとソと完璧にハモるドは周波数が若干違います。
しかしある程度妥協してドレミをあらかじめきめてしまうのが「平均律」です。
逆にハモネプとか音と音の相対で音程をコントロールしやすい完璧に純正律の音楽は音が重なってひとつに聞こえる位ハモリもすごく美しいですね。しかし複数楽器の調和でドだけで周波数を数ヘルツ変えて何種類も作れない、と編み出された「美しい妥協」がピアノ等に代表される平均律です。)
調べて上のほうに出た記事の言葉借りました。たぶん合ってる・・。
僕程度のまだまだ青いギター弾きにはヘルツ単位では聞き分けられません。
オケで弾いてるレベルの人が1音1音周波数整えてDTMやったら凄い綺麗な重なりになりそうですが、MIDIベタ打ちとかだと無理ですね。まーこれが音楽のすべてではありませんから問題ないと思います。

話を戻し、
スケールとは弾く曲のキーに対して心地よく響く(上記を踏まえると語弊がありますが正しい)音程の集合です。ドレミファソラシド~はハ長調(Cキー)のメジャースケールといいます。ドレミ♭ファソラ♭シ♭ド~はCマイナースケールといいます。こんなでスケールも簡単なのから難しいものまで色々あるのですが、あくまでも簡単に纏める為に色々があるのですという事だけにしておきます。

今回からギターに結び付けて考えて見ましょう。ギターでドレミを考える時、開放弦の音程が分っていればドレミがどこにあるかわかるのです。ミラレソシミですよね。全音は2フレット、半音は1フレットの差ですからこの順にポイントを打てば大丈夫です。全音は鍵盤で見た時間に黒鍵がある白鍵どうしの間隔、半音はミとファ、シとドみたいに鍵盤で見たときに間何も無く、すなわち全音の半分で移動できる間隔です。6弦で見てみましょう。
e-string
フレットは省略しちゃいましたがナットから数えます。
ミ(開放弦)からファまで半音(1フレット)、シからドも1フレット、それ以外は全音(2フレット)で数えられますね。ギターだとこうなっているのが分ればあとは全ての弦に適応できます。
5弦はラから数えて・・・4弦はレから数えて・・・という感じで
音階
こんな感じになります。いきなり見ても目が回ると思うので上の表を元に各自で点を打ってみると為になるかと思います。てか手書きで汚くてすみません。
これが、つっても10フレットまでしか書いてませんが、こんな調子で点を埋めて導き出せるのがCメジャースケールです。
そんな調子で書いていくとどのスケールも平行移動するだけなので、書けますでしょう。

音と音の間隔をつかめば、メジャースケール、ナチュラルマイナースケールはこの平行移動でしかないので、キーを変えて挑戦してみましょう。
ついでに前回のコードも構成音が分ればその音にポイントを打って、面白い押さえ方を見つけられるかもしれませんね。

ちょっと紛らわしい感じでしょうか。リクエストございましたら随時。
次は理論ちょっと細くしたら練習とかフレーズ作りとか行こうかと思います。
メルでした。

コメント返信次回に失礼させていただきます。
別窓 | メルメル講座 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ブログのお名前変えました | M∽eblog | DTMとか>>

この記事のコメント

問題は潰せる物からプチプチと潰していく事に
いったい何時まで掛かるやらw

とりあえずCメジャーを覚えることにしましたw
自分の性格上、一つ覚えるとガツガツ行けるので必死に。
最初の取り掛かりにかなりの時間を要するんですが…

議論もそうですが一人でいると色々下らない事考えちゃうんです。
例えば、国民的青狸の道具を現実的に考えるとか。
あれって、科学的に考えると物凄い事になっててそれを考える為に色々調べて…とかやってると凄い専門的な事になっちゃって…
という感じで吸収吸収ゥゥッッッ!


あと、私事で自身のブログにも書きましたが。
少々先の夏休みに高校で軽い発表の場を頂きまして、軽音部内のレベル高い人から引き抜きバンドみたいな感じでライブをさせて貰える事になりました。
そこで質問なのですが、複数の曲をやる場合、なるべく原曲に合わせたエフェクトを複数用意して随時変えるのか、共通して使えるようなエフェクトを一つで弾き切るのではどちらの方が良いのでしょうか?
ご指導お願いします。

Slaya0109でした。
2009-06-17 Wed 21:02 | URL | Slaya0109 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |