M∽eblog

その日が来てた

こんばんは、メルです。

今日は、CD買いましたーとか書こうとしたんですけど。
自分にとっては節目の日となりましたので、こちらを書こうと思います。

先ほど両親より連絡があり、メル(愛犬)がついにこときれたことを知りました。
自分がツイッターに7連勤とか書くものだから気を使って数日前のことを今伝えてくれました。

電話口で父親と母親より幾つかその間際のことを聞きました。
20日の12時33分だったこと、
19日は水もほとんど飲めなくなっていたこと、
直前は足をぴんと張っていた、思い返せば前の猫もそうだったこと、
それまでは元気だったのに、突然来てしまったこと、
火葬場にいこうかと思ったが、一晩一緒に寝て埋めたこと、

聞いていて胸が熱くなりました。
母親は電話口で、家に帰った時に、ただいま、メル と言えないのが寂しい、と
泣きながら言っていました。母親の嗚咽に自分も泣きました。

17年と、約半年。自分が小学校3だか4年生のときから一緒にいました。
よくあるパターンで、「毎日散歩行って世話するから」と言って両親に頼んだ雑種の拾い犬です。
その後ははやはり両親に世話を投げてしまうような感じでしたが、本当に大好きで、学校でよくうちの犬は可愛いと自慢していました。それで自分のあだ名もメルになりました。一緒に育った友人は今でも自分をメルと呼びます。
今や26のいい大人ですが、大学生の時、仕事を始めてからは実家ぐらしではなかったのでメルに会うのは帰省の時だけでした。
今年はゴールデンウィークに、帰省し、オンシーズンの航空代新幹線代がばかにならないのでおいそれと帰れないのですが、勤務環境上お盆を逃すと次のゴールデンウィークまで帰れなくなります。仕事の繁忙期に会えない寂しさを抱えたままその知らせを聞くのは絶対に嫌だったので、今回は3ヶ月という短いスパンでしたが8月も帰省をしました。写真を撮って、いっぱい触りました。最後になるかもしれないから、出発前に誰も見ていないところでこっそりさよならを言いました。
前の記事に記した通り、どう考えても近い先に覚悟をせざるを得ない様子でした。
次のゴールデンウィークまでは持たないとは思いながらも、お盆に帰って本当に良かった。
それからわずか4日後にこの世を去るとは思いませんでした。
まるで自分にひと目会うまで待っていてくれたかのような都合の良い筋書きを作りたくもなります。でも、最期に会えて良かった。

寝たきりになったのも1日ですぐに旅立ったので、最後まで飼い主想いの犬だったねと親は話していました。
しっかりと看取られて逝ったし、家族の死をあまり経験していない自分にこの気持を教えてくれた。
芸はご飯がほしい時だけお手とおすわりをする迄でしたが、良き4人めの家族でした。

今後は…
両親も身軽になったから長期旅行も行きやすくなったことでしょう。悲しみが癒えたらこちらにも来てねなど話し…。
自分は、このブログは何人かの親友も見てくれていますが、今まで通りネットの中の存在としてメルであります。親友には今までどおりメルと呼んで欲しいし、ここでの自分の存在もそれが自我同一の目印の一つです。
メルという存在は失ったけど自分のメルという名前は持ち続けます。

毎日が誰かの誕生日で、毎日が誰かの命日だ。
祝えない朝などないし、祈らない夜もない。

とは尊敬するRevoさんの「遺言」の中のお言葉ですが、
フィクションを音楽に乗せる作風の中、こういう真実味がある言葉があるとどきっとしますね。
そんな陛下のLinked Horizon名義のルクセンダルク小紀行、本日買いました。
今日はマーティ先生のギターに挑む。勿論ボロ負けするのでひとしきりたったら思うままにメロディーを作りたい。

長い記事ですみません。
自分の名に由来する存在なので感傷に浸りつつ記させて頂きました。
コメント返信、本当に申し訳ありません。次記事までお待ち頂けましたら幸いです。

mell_20120824020200.jpg
1995年3月-2012年8月20日
自分の愛した犬です。

メル
別窓 | ごあいさつ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<練習中 | M∽eblog | お盆休みまとめ。>>

この記事のコメント

メル殿の御冥福をお祈りします。
僕も実家で飼っている犬がいるのですが、やはり昔と比べると衰えているなという部分を感じているので(まだまだある程度の元気さはあるのですが)いろいろと考えさせられる記事でした。

陛下の言葉には常々考えられます・・・。
リンホラ曲のメルさんによる演奏を楽しみにしています。
2012-08-24 Fri 09:04 | URL | カルム #-[ 内容変更]
もうその日が来てたんですね・・・
メルさんが実家に帰ってくるのを待っていたのかも
と考えられるタイミング・・・

ご冥福をお祈りします。
2012-08-25 Sat 13:22 | URL | 鋼鉄 #-[ 内容変更]
まずはご家族である愛犬メルのご冥福を祈ります。

・・・家族を失う辛さは時に自分自身の身を切られるより辛い時も多々あると思います。私も祖父を亡くした時遠方にいたため最期に立ち会うこともできず、入院してからほとんど面会もいけずじまいでした。
 最後に面会に行ったときに差し入れしたプリンを棒きれのようになった手で美味しそうに喜んで食べている祖父の姿が印象的でした。。その数ヵ月後祖父は亡くなりましたが、なぜあの時に感謝の言葉やねぎらいの一つでもかけてやれなかったのかと後悔する日もあります。
 
 今は空に向かって「元気にやってるよありがとう。」と素直に言える自分がいますが、メルさんは愛犬の最期間近に直接伝えることができて本当に良かったです。

引用ですが私の心に残る印象的な詩があります。

あなたは風になって、私を包み込む。
あなたは光となって、私を導いてる。

最後に1つだけ聞いてもいいですか?

あなたの所から私は見えてますか?

 
 先に逝った家族に胸を張れる生き方ができるよう、お互い頑張りましょう。
長文失礼しましたm(_ _)m


                            ナスボン


2012-08-26 Sun 09:50 | URL | ナスボン #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |