M∽eblog

曲の話

こんばんは、メルです。

動画を上げました。ちょっと前ですが。


1日で500再生はこれまでで3位です、1位と2位はサンホラの最初の動画2つですけど。

短い曲ですが結構時間かかってました。
ここ数年、最初の勢いのまま曲が最後までかけない病になっていまして、
作りながら直したり続き考えたりしてて、結果ほんと良くわからない展開になることが多いです。

語るだけ野暮かもですが、曲のモチーフは優柔不断なこと。
特に夜に寝ようか夜更かししようか考えながら無駄な時間をぐだぐだする感じの曲です。
Aメロで帰宅一息、Bメロで寝ようか迷う、サビでやっぱ夜更かししよう、と決める。
別に聴く人の感覚でそう聞こえない場合は全然OKなんですけど。

インストのイメージはあんまり曲作った人が伝え過ぎないほうがいい部分もあると思うのですが、
ブログまで見に来ていただいた方には意図をお伝えしておきたいなーと思います。
かといって特にそれを意識して聞いてくれというわけではないので、無視して頂いて構いません。

何のことを書いているのか微妙になっていますが、今回作った時に意識した部分として、
いっつもおきまりのように使うストリングスとたまにクライアを使わずに行こうかなと思いました。
大仰な感じはそこそこ抑えめに、いかにもインストっぽくという感じを目指しました・・・が音使いの癖がいつもと同じで、結局いつものパターンになっています。

で、ジェント系アプローチもちょっとしてみたかったのですが、これが目指すべき誰かの演奏をまじめにコピーしたわけでもなしに、作り方が全然わかりません。なのでまぁちょっと古いスタイルというか伝統的な雰囲気のインスト曲という感じに収まりました。
Bメロとサビのあとのギターソロの後ろくらい‥。
なのでせめて違う部分でフックをと思って拍子やキーを頻繁に切り替えてみたりした感じです。

Animals as Leadersとか自分は聴く分にはまー好きな方なのですが、第一絶対真似できないテクですし、
音楽好きの友達から言わせると、これ、やっている人は楽しそうだけどずっと聞くのはきついなぁ・・・と。
没個性のバンドがこの界隈多いとか言われていますが、要はジェント系のリフの作り方は、
抑揚の幅のだし方が非常に難しい。イコールドラマティックさではなくセッションバンド系の味付けになりやすい。
とか考えるようになって来ました。勿論クリーントーンにする部分とかを作って曲のメリハリがしっかり出してるアーティストも多いとは思いますし、一番は自分が引き出しがないってのが大きいんですが。
好みでしか無いので、抑揚や展開よりもテクが好きな人は全然OKなんですが、自分は曲はやっぱ劇的な展開があるとぐっと来る方なので、元々の畑のシンフォメタル系の演奏にアクセントとしてジェントっぽいのが入るとかっちょいいかなーと思います。

尚これG.O.D.111コンペティションへ参加しておりますが、
多分求められている曲調とは違う気がしますので、イベント的に盛り上げる一助になればいいかなと思います。
もっとテクばりばりで突っ走る曲がいいんじゃないでしょうかねぇ。

全弦1音半下げのチューニングで弾けますので、宜しければ遊んでみてください。
バックトラックはダウンロードできます。


メルでした。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Bond Instrumentsについて | M∽eblog | 6月6日>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |