M∽eblog

Wordsを弾いた / 2016年締めのご挨拶

こんばんは、メルです。

2016年最後の動画になると思いますが、よろしくお願いします。

良かったらフルHDで見てください。

思えば動画投稿をし始めて9年も経ちました。
ニコニコ動画も10周年だそうです。学生がおじさんになるには十分な期間ですが、我ながらそこそこ息が長いなぁと思います。
9年前の動画なんぞ見るとテクニック以外にも動きとかいろいろと恥ずかしいなぁと思うのですが、バンドを組んでいない自分からするとそんな動画が残ることが意外と当時を思い出して懐かしめる存在としては大きかったりします。
今は前よりもネット上にずっとテクニック的にはレベルが高い…高すぎる人たちが沢山います。
昔は昔で、今は今でネット上の音楽のつながりも楽しいです。

なんて些か懐古主義に浸れる程には年を取ったのでしょうか。
昔の動画の方が今より音詰め込もうと攻めていますし…落ち着いた成熟を見せられる演奏がしたいです。

さて、今回弾きました、MintJamの大人気ギタリスト、a2c様のオリジナルインスト曲、Wordsです。
インストは曲が言葉を持たない分、タイトルや音色や色々なアプローチから作者の心象に思いをはせられるのが素晴らしいですね。
この曲には、どんな言葉が込められたのでしょうか。

動画は音量調節とダブルトラックにする以外無編集で演奏の音そのまま載せました。
へたくそな部分が露骨に残っています。

自分が一番尊敬するSteve Vai先生もWhispering a Prayerのライナーノーツに
「この曲を弾くとき以上にギターと親密になることはないような気がする」てな感じの言葉が書かれていました。
このWordsという曲もその類で、ギターと会話しながら弾くような曲だと思います。

大概高機能ギターを弾いてきましたが、このSuhr Standardは本当に奥が深いギターです。
5年前に買って、まだまだ隠された音があるように思います。
この曲の静~動~激まですべて対応する音を一つのパッチで弾き通すと考えると、
所有するギターでも結構ハードルが高いと思います。
多くのギターはセレクタースイッチが5段でも、ほかにスイッチがついていても、ある個所で使える音は限られますが、
Suhrというブランドのギターは音の選択肢があればあるほど、その全てが使える音で出てきます。

そしてオリジナルの超素晴らしいアプローチに敬意を払いつつひとまず置いておいて、
この音の最後はこう切ろう、ここはどうビブラートをかけよう、ここはどのPUとヴォリュームで弾こう、
どこに息継ぎを入れよう、ハーモニクスはどこで入れよう、チョークアップから入る音はどれが良いか、
強くピッキングする部分と弱く引く部分、のびのび滑らかに聞かせる部分と緊張させる部分は…
など自分なりにメロディーと向き合って考えてみました。格好良く言えば独自の解釈というやつで、
客観的に言えば好き勝手に弾いているということです。その結果、

Aメロ→ブリッジ+ネックPU スプリット Vol30%と40% 2音を重ねるアルペジオは20%位も
Bメロ→ネックハム Vol100% 弦の真ん中寄りでピッキングする
サビ→ブリッジハム Vol100% いつも通りピッキングする

の使い分けで、一つのセッティングで弾き通すことにしました。
種類自体は多くないのですが、演奏にも感情乗せているとどうもノブとか弄るのが疎かになる。
とにかくボリュームポットのタッチが難しいです。
普段大雑把な上下しかしないアームも繊細に使うのがこんなに難しいとは…

ただこの曲を弾いているときは、そういった部分でギターと対話できている心地に物凄くなれるのです。
このギターはこんなセッティングでこんな弾き方をするとこんな表情を見せてくれるのか…
など思いながら弾いていました。こりゃ持ち腐れの良いギター何本も眠らしてる場合じゃないな、とか。
一本と向き合う時間が長く濃く深く、なのがいいですね。
なんか、最近は低音がクリアに出るとかそんなのばっかり求めてギターの表情の出方に無頓着になってたようです。
機械的正確さを求めるメタルはそれも正解の一つなんでしょう。

演奏は…ミスも実力のうちで、ラフな部分も残しつつでいいかなぁと思います。
「聞き苦しい」との境界線は悩んで、若干アウトに感じる部分もありますが指の痛さに根負けしています。
ミスが味に聞こえる弾き手になれるのはいつなのでしょうか。




ということで年末のご挨拶も兼ねての記事となってしまいますが、ご容赦ください。
今年は自分の中大決断をした年でした。
7年住んだ福岡を離れて東京に越して、それに伴う転職で若干お金が不安だったり、
でもまぁ、今はまた良い縁に巡り合い、順調になっていく方向です。

このホームページにもsince2008なんて書いたまま2016現在もう古いフラッシュ使用とか
一昔前の掲示板とか残ったままなんですが、少しでも新しくしたいなぁと思っています。
ただ自分の中で優先順位が低いので思い立つまで動かないでしょう。
HTML5とかわからないし。

では、寒さにお気をつけてよい年末と年始をお過ごしください。
来年も引き続きのんびり気分で動画音源を上げていきたいと思います。

_1030447 copy




別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<オリジナル曲 | M∽eblog | Bond Instrumentsについて>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |