M∽eblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

オリジナル曲

こんにちは、メルです。

なんと3月にして2017初めての記事でした。
まぁまぁ自分はもともと自分に甘い人間ではあるのですが、長く続けるためにのんびりペースでやっていきたいと思います。

2017年は、11月でなんとわたくしメルが動画投稿して10周年。
10年ってなんだ。学生がおっさんだ。
色々な人と言葉を交わして、交友が生まれて、消えた関係も多いです。
それはまた11月になったら思い出振り返るとしましょう。
↓こちらは初投稿の動画が10万再生に行ってうれしくてキャップチャしたやつ。
コメント一つ一つが楽しかったです。
5_20170305053636abf.png

それはそれで、今回は新しいオリジナル曲をアップしましたのでその紹介をと思います。


自作曲のタイトルを考える時は毎回楽しいのです。
唯一の言語を介するメッセージをそこに乗せ、あとは音で伝えるというのが醍醐味です。
自分のアプローチとしては、技巧に長けているわけでもなし、メロディーや情景描写力で勝負したいのは
ギターを弾いている初期から結構ブレずにあります。

まぁですから本来はインスト曲に「~を表現しました!」みたいなものは書くと野暮な時もあると思うのですが、
大丈夫かなと思う部分を書きたいと思います。

最近は割かし大作志向を脱却したいと思いまして、
そもそもサンホラとか様式美系の曲は結構組曲とかそういうのが好きですが、
自分も願わくばそういうのを作りたい、とは勿論思います。しかしここ何年も現実と向き合うと強くこう感じます。

「でかくしすぎると完成まで行かねぇ」

何でしょう。構想は漠然とちょいちょいあるんです。20代前半の時は年初めに毎回このブログでも「今年はアルバムを作りたいです!」とか書くんです。でも中々仕事しながらフルアルバムって難しい。同人で色々作っている人は本当にすごいなぁと思います。
そして現在も継続中で行動力はどんどん減ってっている気がするのですが、
悪あがきのように、小さな曲だけでも発ししたいなぁと思っている次第です。
ブログ記事も短く、ツイッターも写真とかなくてもっと気軽につぶやきたいなと思う部分もありますが、
性格でしょうか…。

そして曲について。
寒い、という曲の表現です。寒いにドラマもストーリーも無い。風が強弱つけて吹くだけ。

凄く漠然とした表現なんですが、Steve VaiのWindows to the Soulを聞いた時、すごく「寒い」感覚を抱いたのです。
(他のひともそう感じるのか凄く気になる) すごくいいギターインストなのでCDで聞いてみてくださいな。
この曲は確か「目は魂への窓である」というようなコンセプトだったと記憶していますが、
面白いなと感じて分析してみた記憶があります。
たぶん氷を連想する音色と、高い音域の囁きのギターがそう感じさせたのかなと思うのですが、
そんな音で寒いというのを表現できたらすごいと思って挑戦してみた部分もあります。

南極まで行かなくとも、ちょっと風がひゅーひゅー襟元が涼しいなという感覚が与えられれば成功。
(ちょっと安直に風の効果音も入れていますが、その辺にあまり抵抗は無いのだ)

春までもうちょい、健康に頑張りましょう。
メルでした。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<10周年 | M∽eblog | Wordsを弾いた / 2016年締めのご挨拶>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。