M∽eblog

#GTAソロコンテスト エントリーレビュー⑥

こんばんは、メルです。

12月25日。ソロコンテスト終了まで後6日・・・
それどころか2018年終了まで後6日・・・
そろそろ結果発表のあたりのことを考えねばと思いつつ何も浮かばないので直前でなにかツイートすることになりそうですがよろしくおねがいします。
お寄せいただいた演奏へのレビュー6弾めです。日にちが空いてしまって非常に申し訳ないです。
せっかく寄せていただいた演奏ですから、良い部分そうでない部分含め真剣にコメントさせていただきます。偉そうに見えたらすみません。
時期やその時の状況によって文字量が変わります。多い少ないあると思いますがご了承下さい。

エントリーNo.⑫

さとるさんによる演奏です。ありがとうございます。
留学中とのことで生音で勝負してくださいました。僕も留学中はデジカメで生録りしてました懐かしい。
というこよで、録り音を脳内再生しつつのレビューをさせていただきます。誤りがあったら申し訳ないですが、よろしくおねがいします。
最初に思いったこととしては、無闇に高音へ行かない低音~中音域を重視した音並びです。ソロを弾くとなるとどうも華々しいテクニックと大仰な上下フレーズをイメージすることが多いと思いますが、こちらの演奏はそういった派手さこそ一歩引くものの、前半部分にブルータルな雰囲気をを上手に加える部分で秀でております。そして低音弦だと生音のアタックが大きいのでオケを同時再生して意図を確かめるように聞かせていただきました(笑) そうしますと、3拍子の中の4拍子にしっかりきれいに収まる音の配置を意図されていることに気づくわけです。練られたソロです。
後半はタッピングが数回登場するものの、所謂速弾きと括るアプローチとは異なる、前述のように派手さの代わりに堅実さのある部分が武器となり、同時に弱点にもなるかと個人的に感じるところです。僭越ながら意識するともっと良くなるポイントとして挙げさせていただこうと思うところは、ソロ的なチョークアップ/ダウンやビブラートの揺らし幅の抑揚などで緩急をつけるという部分でしょうか。勿論生音ゆえにいつもより強めにピッキングされたという部分があるかもしれませんし、録り音を聴きながらのレコーディングとは環境が違うため一概には言えません。スケールお決まりのパターンの高音弦からスタートしないという感性を大事にしていただき、その点を伸ばしていただくと更に良い演奏になると個人的に考えました。


あと僅かですが最後までお付き合いいただけば幸いです。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#GTAソロコンテスト エントリーレビュー⑦ | M∽eblog | #GTAソロコンテスト エントリーレビュー⑤>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |