M∽eblog

#GTAソロコンテスト エントリーレビュー⑦

こんばんは、メルです。

晦日である本日、皆様如何お過ごしでしょうか。
みそかとは三十日という意味のようですね。
当ソロコンテストはあと2日を切りました。大まかに今後のスケジュールをお伝えします。


年末年始は田舎に帰りますので、
・結果発表は1月3日頃行いたいと思います。
 (なんでこの時期に開催したんだっていう)
・いいね数の集計は、年始の僕の独断のタイミングで数分以内にカウントします。
・発表は動画及びツイッターにて行いたいと思います。
 ※変更があるかもしれません。また動画の告知などなど僕のツイッター上で行いたいと思います。
  タグを付けてつぶやきます。

以上、あと少しですがよろしくお願いします!

エントリーレビュー7回目でございます。
せっかく寄せていただいた演奏ですから、良い部分そうでない部分含め真剣にコメントさせていただきます。偉そうに見えたらすみません。
時期やその時の状況によって文字量が変わります。多い少ないあると思いますがご了承下さい。

エントリーNo.⑬

いむはさんよりエントリーいただきました。ありがとうございます。
シェクターC-1 Classicユーザーお二人目です。やっぱりVine of Lifeインレイは美しいですね…。
演奏について触れてまいります。
まずソロが始まる小節の頭は休符スタート、ここは今までエントリー頂いた方のパターンとしましては、感覚的に…頭から入る方:休符から入る方=7:3くらいのバランスでしょうか。3連符のスローな立ち上がりを印象づける弾き初め。細かい音並びの相違等はさておきこの方法論の利点と意義は、G.O.D. 2013収録のa2cさんのKamuyのメロの入りが、ゆっくりと本を開いて物語を語り始めるかのような威厳を感じさせるものであったところで感じた記憶があります。それに通づる「粛々と開始する」イメージの入りです。すき。
そこから前半のソロ構成は休符やテンションノートを要所に交えた構成で、ところどころリズムが甘くなってしまっているところはありますが意図がしっかりと伝わって来ます。
後半からは上下幅の大きい音運び。勢いや感覚頼りではなくしっかりと構成とフレーズ単位で練って組み立てられたソロだなと感じます。8部音符と3連符のメリハリが効いている箇所がグッド。個人的な趣味が入ってきますが、ロングトーンはリバーブとディレイを適量混ぜるとより聞こえ方が伸びやかになると思います。ただしそうするとタイトに休符を入れるアプローチは場合によりキレを失います。そうことでこれらのエフェクトをDAW上で前半は掛けず、後半に掛けるなどするとメリハリ感が更に増すのではと思います。
残念ながら少し目立ってしまったのが録音を分けた箇所の繋ぎ目です。新しく考えていただいたフレーズでこういったソロコンテストのように時間との勝負になると、発案~録音のスパンはどうしても短くなりますので、若干言及するのもナンセンスな部分がありますが…そして僕は雑な印象を与える一発ソロよりも、分けてでもしっかり練ったソロのほうが好みなので、あんま問題ではありませんね!

自分自身の語彙力の乏しさを少し恨んでまいりました。
滑り込みのエントリーもお待ちしています。日数開くかもしれませんが真剣に聞かせていただきます。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<#GTAソロコンテスト エントリーレビュー⑧ | M∽eblog | #GTAソロコンテスト エントリーレビュー⑥>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |