M∽eblog

ギターの練習

ご無沙汰ですメルです。

余談からなんですが、そういえばこの前友人のバイトにヘルプで入って
氷川きよしの舞台作り手伝いました。以前某大学の学園祭ヘルプでナイトメアのステージも
手伝ったこともあるんですが、両方ともPAは8人がかりで運ぶサイズ、スピーカーも超大型、
今回は加えて演歌のステージ・・イメージどおりパネル類が多くて久々に筋肉痛になりました。
プロってすごいー。でもギタリスト様の機材は意外と普通だった。ラックマウントとかではなく。
あとファンの方にまぎれて撮ってしまった。こういうの載せていいのかな。
きよしトラック


さて、現在はニコニコのマイリストにしかHPのURLを載せていないのですが、
書き込みやメールにギターを始められた方、または僕の動画をきっかけに
始められるという方からのが多く、なんかちょっとでも影響できてるのかなーと
日々とても嬉しく思っています。
なので基本的な練習とか、僕からできるアドバイスでも書いてみようと思います。
隠すほどの情報でもないですし、書くほどのものでもないかもしれませんが・・。
でもこういうのは人によって考え方が違うのですべてだと思っちゃだめです。
所詮ネット上の情報です。今日は日曜日。 ちょっと時間あるぞー。

ロック系って、クラシックみたいにリタルダンド(だんだん遅くー)とか
アッチェランド(だんだん速くー)とかいう記号があんまないので
基本メトロノームを使って練習するべきだと思います。
デスメタルとかは機械的な速さの刻みがかっこいい、どっかのCDレビューの言葉を借りれば
無機質の快感などといえる魅力の音楽ですから、基本一定のリズムに従って弾く必要があります。

リズムはコードの形から覚えて、右手の刻みやリズム練習をやると良いのではないでしょうか。
リードはスケール…ドレミから始めてメジャースケール、マイナースケール3種類とペンタトニック、モードみたいに覚えるのが順当です。僕はモードはリディアンくらいしか使えません。

1日何時間練習するのか。
プロ目指すとかなんとかは話が重くなるので…でも目的の違いがありますし・・・うむー
大村孝佳先生は1日2時間じゃ短いとHPに書いてありましたね。
海外のプロも1日8時間とかインタビューによく書いてありますね。
一応好きにじゃらーんと弾いている時間は含まずに1つのフレーズを反復練習する時間を見てみます。
僕は1日30分ほどです。個人的には最大限に集中した30分は下手な数時間にも負けないと思います。まあ言い訳みたいなものかもですが、つまり僕は長い間集中できませんorz 
そして今の下手さ。

でも氷川きよしが1日2公演でまったく演奏のクオリティ落とさずに歌いきったのを見て思いました。プロの次元で安定させるにはそれ相応の練習量必要なんだろうなぁと…
僕も高校生のとき30分の演奏2セットやるイベントにでましたが2回目は総ぐだぐだでした。
プロは1日30分じゃ絶対ダメですね。 …当たり前ですね。

コピーとオリジナル・・・僕はコピー最初テク確立のために必要だと思います。
その後オリジナルを書きたい場合は理論も学んで速めに挑戦してみるといいんでないでしょうか。

なんかめっちゃ書いた・・・。
読んでくださった方々、読む価値があったかは保障できませんが参考にしてみてください。
それではまたー


そういえば前記事のレスは次の記事でつけてみようと思います。

>カイさま
ありがとうございます。今回のアドバイス、参考になりますでしょうか。ギターお互い頑張って上達するといいですね。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<小さな事たち | M∽eblog | ちょっとしたもの>>

この記事のコメント

参考になります~
今、ようやくローポジションコードが少し弾けるようになったところです。
なるほど・・エレキギターの練習にメトロノームを使った方がいいというのはそういう事だったんですね。。
早速メトロノームを使った練習をしてみようと思います^^
2008-03-24 Mon 07:30 | URL | カイ #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| M∽eblog |