M∽eblog

hide memorial Liveに行った話

小さいながら連休があり、終わった。
一足先に明日から仕事だ。
とはいえ業種によって休みなんて様々だから、連休なるものが取れるだけありがたいのだろう。

何かと気が沈み気味の連休だったのだが、
連休直前にして彼女と別れたりしたのがでかかった。
一緒に普段遊ぶ友人もご家族の病気でスケジュールが立てにくい。
実家は仕事で忙しいから帰ってもなぁ。。。

だいたいこんな時は家で無為自然として引き籠るのが性に合っている。
しかし気分が沈んだ状態で人と会わないと、まぁ例に依れば底なしに沈むものだが、
良くも悪くも年を重ねたので以前ほどではないかな…という塩梅だ。

で、一昨年に転職した職場の先輩がかなりディープなメタラーで何かとメタルの話に花が咲く。
その先輩に先日お誘いいただいたのがタイトルのフェスである。

1525522570944.jpg


hideが亡くなった1998年、幼いながらリアルタイムで経験していたもののhideやXファミリーは全く通ってこなかった。
むしろギターに触れたのは2000年前後だった気がするから出来事自体は後追いだ。
最初からDEEP PURPLEでイングヴェイでソナタアークティカに行ったので、ジャパメタを見下す心算は無くも
ドラムの音、ギターの音・ソロの速さ、ヴォーカルのパワー、何もかも物足りなくは感じた気がする。

言い換えると当時の僕はhideの魅力が理解できなかった。今では理解したかというとそれも怪しい。
あの手の音楽はファッション要素が強いし、何よりギターソロがメタル的ではないから、という根拠のみだ。
しかし周りにも好きな人が大勢いたものだから、何となく無視はできない。
何となく若者が好む音楽だからと馬鹿にしていたかもしれない。最初は拗らせますからね。

そんなわけで、超見たかった訳ではないもののチケットが余ったという話だし、
人との繋がりには感謝して、少しの予習を以て臨むことになった。
基本的にはインプットのオンパレードだ。

先輩の言った通り、客層は僕よりも半回りから一回り上の人たちだ。
しかし、ピンクの髪、黒マスク、鋲、YOSHIKIファッション、ピンクのジャージ…
シャバでは「いい年をした」人たちが、ここでは各々すき好む成りをする。
見かけ上は悪そうなのに見る人見る人分別良さそうな「いい大人」な感じだ。

まるで1998年の空気感がそのまま20年後にワープして来たかのような感覚に陥った。
何故か、当時全力でその雰囲気を謳歌した身でなくともある種のノスタルジーを感じざるを得ない。

そんなわけでフェスは見たいバンドだけ見るのもありだがここは全編見てエンジョイすることに。

1つ目、J
ルナシーのベーシストのソロバンド。初めてまともに聞いたのだが、とても骨太かつストレートなロックだ。
どちらかというとESPのカタログでJのシグネイチャーベースはバッチリ知っていた。
余分なエフェクトはいらないといわんばかりの小細工無し感。
なんか聞いたことがあるサビが結構ある。

2つめ、氣志團
テレビでよく見るので、比較的わかりやすく楽しい。氣志團万博なるフェスが行えるほど人望が厚いのも納得できるような面白いMC。なめていた。MCが面白すぎる。
ステージングが全て高次元で面白い。ワンナイトカーニバルと逃げ恥ED(タイトルは知らない)をマッシュアップしたアレンジをお披露目していたのは熱かった。

3つ目、defspiral
ミドルトーンが色気たっぷりのヴォーカル+ヘヴィな楽器+テクノ系シンセのV系ロック。
ギタリストさんは何を使っていたんだろう...freedomかNiLか…遠くてよく見えなかった。
全体的に超格好良かった。VersaillesとかKamijoから様式美を無くしてヘヴィさを強化したサウンド。
新発見。ただワンマンなら絶対格好良いMCも僕の中では前の氣志團の面白さに喰われていた。

4つめ、ZIGGY
ポスターがなんだかマリリンマンソンぽかったのでそんな感じかと思いきや
分かりやすく親しみやすいロック。今年55といっていた、確か。
非常に良かったのだが、一番の新発見はドラマーのChargeeさんのプレイ。メタラー的に圧巻。
パンクというらしいが詳しくない人間からしたらヘアスプレー全盛のLAメタルに聞こえる。

5つめ、布袋寅泰
何だかんだ日本のギターヒーローだが一度も聞いたことが無い。僥倖だ。
Zodiacのテレキャスで弾く。キレッキレで、ピロピロじゃない演奏なのに素晴らしいぞ。
中盤ではZemaitisのシェルトップに持ち替え。こういうスタイル良いギターヒーローが持つとめっちゃ絵になる。
最後には、HOTEIシグネイチャーの柄をしたモッキンバードが登場。
これはぐっと来た。hideのファンであればもっとぐっと来たのだろう。

ラスト、hide with spread beaver
ニュースで見たことがある。hideの映像に楽器隊が重ねてステージを作るあれだ。
同じころのニコニコ超会議では画面の中のYouTuberがライブを大盛り上げしているので
今の時代に於いては何ら違和感のない仕様なのだろう。
ピンクスパイダーやロケットダイブといった名曲は分かったのでノれた。
ラストの盛り上がりが非常に心に来るものがある。
一人のスターは20年という時間を経て尚ここまで人を動かすのか…

全体的にピロピロソロはほとんど無かったので、飽く迄僕のど真ん中の音楽ではないのだが、
往年のベテランバンドが磨きぬいたロックを演奏する、というのが大音量で楽しめたのは
本当に有難かった。先輩ありがとうございます。


hideが生きているのなら、きっと20年後なりの形に進化させるのだろう。
だがその指標がもう見られないのだから、ここにいる人たちは20年前に感じた気持ちを
思い出しに、確かめに来たのかもしれない。
だから、2018年の今僕が感じた「1998年」は前進の拒絶ではなく、若い心を揺さぶられたものへの回帰、穏やかな懐古なのだろう。
ロック史には1969年に話がよく黄金期として登場するが、それに似たものなのかもしれない。
全部僕の都合の良い憶測だけれども。

という事で大物バンドをレビューするにはあまりに稚拙で雑ではありますが、自分自身の回顧録として。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

2017ありがとうございました

現在東京都から九州へ向かう新幹線の中。

することが無いのでブログを書いています。
皆さんにとって今年はどんな年だったでしょうか。

自分のこの1年、仕事で新しいことが多く、
イマイチ落ち着かない年でした。
まぁ今後のために有益な事なので
納得してやってきています。

ギターにおいては
自分はコピーよりもオリジナル志向が強いので
気の向くままに
インスト曲を作ってきました。
曲数がまとまったら
ジャケ画像とライナーノーツを添えて
またHP上でダウンロード出来るように
していきたいんですが
まだ数が少ないですね。

動画を上げ始めて10年という
節目もありましたが、
2018の3月はHP開設10周年と
自分の中ではこっちも節目です。
何かしたいなぁとは思うんですが
多分気が回らないと思います…

あとはツイッターでのつながりも広がり
素晴らしいギター2本と巡り会えたので、
機材オタクライフとしてはとてもハッピーでした。


簡単な総括ですけど
こんな感じです。

そして来年。
私人生初のギターカスタムオーダー、
進行中です。
年の前半で手元に来たらいいなぁと思います。
そこは気長に待つしかない感じです。

では皆さん、
良いお年をお迎えください。
2018年も宜しくお願いします。

メルでした。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

10周年

…お久しぶりです。メルです。

ブログとしばらくご無沙汰していましたが、ちょうど節目なのでと思い立って書いています。
よく見たら昨日でしたが11月27日で...
動画投稿10周年!
でした。

という事で自己満足ではありますが思い出についてつらつら書きます。
10syuhen.jpg
パソコンから流してリアルタイムでMTRに取り込み、
ウィンドウズムービーメーカーで繋ぎ、wmv形式のまま、大学のPCで休み時間にドキドキしながらアップして…
アップして数日でランキング入りして1日で4万くらい再生伸びたのが懐かしいです・・・。
なつかしいスクショ。
WS000015.jpg
たまに苦しいことがあると「この頃に戻りてぇ」って思ったりします。

「ジャケット黒すぎ〇ね」とか書かれてグサッと来たり、色々ありました。
当時はニコニコ動画毎日見てました。テニミュとフタエノキワミに腹抱えて笑った。
TESTさんと海賊王さんが2トップな感じで思ってた。
デPさんの曲に挑む空気が楽しかった。(分かる方がどれ位居るのでしょうか)

これがちょうど10年前…10年。

なんてこった、えらい時間が経ってしまった。
10年突き進めばベテランのはずなのに…どうにもレベルが上がっている気がしない。
どうやら自分は多少どんくさい人間のようで社会人になってから色々苦しい思いしたりしながら
なんとかギターを弾く時間を作って、とやってきていました。
やっぱ学生のうちにある程度やりたい事やっておくのが良いのだと思います。
今楽しめる事は、今楽しめですね。未来の自分のためにとっておいたところで楽しめるとは限りません。

閑話休題。そしてサンホラの音源を無断で使って弾いた動画が伸びたので数年はサンホラの人というポジションでしたが
ちょうど真ん中の5年目くらいからは
102.jpg
Demetori様のネクロファンタジアを弾かせていただいた動画がちょっと伸びて
(2万再生なんてあんまり伸びていないのでは、と思われるかもしれませんが)
YouTubeの方ではなんと
103.jpg
意外にも22万再生も行っているではないですか。
という事でツイッターで初めての方には自分はデメトリを弾いてた人というイメージのが強いようです。

くぅ~オリジナル曲でこれくらい伸びれば広告収入数千円入るのにな~
とか思いますがそこは身の丈以上は行かないようで。
最近ちょくちょくオリジナル曲を上げても1000止まりくらいです。

次は20年…あるんでしょうか。
しかしまぁ息の長い大事な趣味としてネット上のつながりから刺激を受けて
色々とありがたいので、できる限り続けたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
(本当は盛大な記念動画でも作りたかったのですが体力がありませんでした)

メル
別窓 | ごあいさつ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

オリジナル曲

こんにちは、メルです。

なんと3月にして2017初めての記事でした。
まぁまぁ自分はもともと自分に甘い人間ではあるのですが、長く続けるためにのんびりペースでやっていきたいと思います。

2017年は、11月でなんとわたくしメルが動画投稿して10周年。
10年ってなんだ。学生がおっさんだ。
色々な人と言葉を交わして、交友が生まれて、消えた関係も多いです。
それはまた11月になったら思い出振り返るとしましょう。
↓こちらは初投稿の動画が10万再生に行ってうれしくてキャップチャしたやつ。
コメント一つ一つが楽しかったです。
5_20170305053636abf.png

それはそれで、今回は新しいオリジナル曲をアップしましたのでその紹介をと思います。


自作曲のタイトルを考える時は毎回楽しいのです。
唯一の言語を介するメッセージをそこに乗せ、あとは音で伝えるというのが醍醐味です。
自分のアプローチとしては、技巧に長けているわけでもなし、メロディーや情景描写力で勝負したいのは
ギターを弾いている初期から結構ブレずにあります。

まぁですから本来はインスト曲に「~を表現しました!」みたいなものは書くと野暮な時もあると思うのですが、
大丈夫かなと思う部分を書きたいと思います。

最近は割かし大作志向を脱却したいと思いまして、
そもそもサンホラとか様式美系の曲は結構組曲とかそういうのが好きですが、
自分も願わくばそういうのを作りたい、とは勿論思います。しかしここ何年も現実と向き合うと強くこう感じます。

「でかくしすぎると完成まで行かねぇ」

何でしょう。構想は漠然とちょいちょいあるんです。20代前半の時は年初めに毎回このブログでも「今年はアルバムを作りたいです!」とか書くんです。でも中々仕事しながらフルアルバムって難しい。同人で色々作っている人は本当にすごいなぁと思います。
そして現在も継続中で行動力はどんどん減ってっている気がするのですが、
悪あがきのように、小さな曲だけでも発ししたいなぁと思っている次第です。
ブログ記事も短く、ツイッターも写真とかなくてもっと気軽につぶやきたいなと思う部分もありますが、
性格でしょうか…。

そして曲について。
寒い、という曲の表現です。寒いにドラマもストーリーも無い。風が強弱つけて吹くだけ。

凄く漠然とした表現なんですが、Steve VaiのWindows to the Soulを聞いた時、すごく「寒い」感覚を抱いたのです。
(他のひともそう感じるのか凄く気になる) すごくいいギターインストなのでCDで聞いてみてくださいな。
この曲は確か「目は魂への窓である」というようなコンセプトだったと記憶していますが、
面白いなと感じて分析してみた記憶があります。
たぶん氷を連想する音色と、高い音域の囁きのギターがそう感じさせたのかなと思うのですが、
そんな音で寒いというのを表現できたらすごいと思って挑戦してみた部分もあります。

南極まで行かなくとも、ちょっと風がひゅーひゅー襟元が涼しいなという感覚が与えられれば成功。
(ちょっと安直に風の効果音も入れていますが、その辺にあまり抵抗は無いのだ)

春までもうちょい、健康に頑張りましょう。
メルでした。
別窓 | 音楽・楽器のお話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | M∽eblog | NEXT